トップページ | 2005年9月 »

2005年8月の28件の記事

2005年8月30日 (火)

安らかに・・・

YURI あなたが、病に倒れてから、ずいぶん永い時がたってしまいました。今年の1月に、長い闘病の末、職場に復帰したあなたに逢って、交わした言葉が忘れられません。あんなに、色んな事に打ち込んで、渋谷のみんなに愛されたあなたが、まさか逝ってしまうなんて、今でも信じられません。どんな時にも、落ち着いたあなたの姿とあの声を私は一生忘れることは、ないと思います。たくさん頑張ったね。ゆっくり休んでください。さようなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

新宿 ベルグ

berugu 新宿駅東口のマイシティにある喫茶店「ベルグ」。喫茶店として利用してもよし、ドイツパブ(そんな言葉あるのか?)としてもグッド!!今日は夕方行って、樽生のギネス1パイントと「五穀米と十種野菜のカレー」とハム、パン、ザワークラウト、レバーペーストの盛り合わせの「マイスターセット」。カレーはひき肉入りで、オイシイ!!そんじょそこらで食べるカレーよりずっと美味くて、豆のピクルスもついて単品480円(ぐらい)。「マイスターセット」はハム、レバーペーストはもちろん、パンが香ばしくてうまいのです。結局1パイントで収まるはずもなく、もう一杯。店内は激混みなので、長っ尻は遠慮しませう。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

茶亭 羽當

gaikan渋谷宮益坂近くの「茶亭 羽當」。学生の頃からお世話になっているので、かれこれ15年以上、変わらぬ佇まいを見せてくれています。店内はとても落ち着いた雰囲気で、基調は大正浪漫なんでしょうが、鼻につく所が全然ありません。長いカウンターの中には、忙しそうに立ち働く店員さんの姿が・・・ベテランの2人は、挙措動作に全く無駄がなく、優秀なソムリエか熟練したバーテンダーの様で心地よいです。カウンターに腰掛けて、次々と段取りよく用意される飲み物と彼らの手元をボーっと見ているのは、大きな楽しみのひとつです。また、店内奥の大きなテーブルには、いつも見事な生け花というか、「生け樹」というか、大型の花瓶に「どうやって生けるの?」という見事な枝ぶりの木々が活けられて、テーブルに座ると木陰にいるようです。今日は緑の葉をつけた若木でしたが、時に実をつけたプラタナスであったり、時に春をさきどりする早咲きの桜であったりと、楽しい驚きがあります。

cake 飲み物は、もちろんですが、ぜひオススメしたいのが、シフォンケーキ(500円)。他のシフォンケーキが食べられなくなるくらい、生地がしっとりとして、甘さもしつこくなくとてもおいしいです。写真はバナナチョコレート。解りづらいですが、クリームの下にチョコがコーティングしてあります。他に紅茶、抹茶、シナモンなどが日替わりで楽しめますが、もし出会えればメイプルが一番のおすすめです。カウンターの後ろの壁にズラリと並んだカップ達も目を楽しませてくれます。コーヒーはブレンドが800円。私は夏場はアイスココアを飲むことが多いです。

お店の場所は明治通りの東急インの真向かいの路地を上がった左側です。夜は23:00ぐらいまでやっていますが、確実に混むので注意。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ハチ公バス

hatikou 独特のルートで渋谷の近辺をまわっているハチ公バスです。かわいいマイクロバスで座席は14名分。今日利用したのは、「春の小川ルート」という笹塚、初台方面のルート。命名は童謡「春の小川」の題材になった渋谷川あたりを走るから・・・運賃100円もうれしいけれど、なるべく渋滞しないルートが選ばれているようで、激込みの山手通りなどはパス。オペラシティの水道道路側から、渋谷区役所まで乗ったのですが、甲州街道から初台坂下へ出たと思ったら、富ヶ谷から代々木公園前を通って原宿へ。そして岸体育館のところを右折して、区役所前へ。結構楽しい小旅行でした。他にも代官山ルート等あるようです。

乗車案内などは、http://www.shibuyaku-town.com/feature/18/ で見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅が丘寿司の美登利 お持ち帰り寿司

susi またまた、渋谷マークシティの「寿司の美登利」のお持ち帰りコーナーを利用してみました。前回の穴子から、今回は「特選握り」。お値段1200円で、もちろん待ち時間は一切ありません。内容も充実しているし、実は、大きめのネタが得意でない私には、お持ち帰りのサイズのほうが、うれしかったりします。家に帰ってお気に入りのビールをお供にゆっくり食べられるトコロも魅力です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月25日 (木)

カサブランカ

lily 中野「しまちゅう」で買ってきたカサブランカの鉢植え1200円。きれいな花を咲かせてくれました。最初は「咲いたら切花にしよう」と思っていたんだけど、なんかかわいそうでできません。ダメなオイラ。今は台風のため室内に疎開中です。まだまだ、たくさん花を咲かせてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

佐々直のすずめのなみだ

pack おみやげにもらった仙台笹かまの「すずめのなみだ」。とってもかわいいすずめのイラストのパッケージ。中にはかわいいミニサイズの笹かまが8枚。食べてみるとほんのり甘みがあって、食感はモチモチ。

ビールでもいいけれど、思い立ったのが愛飲する「ボウモア」。生のままグイっとあおれば、笹かまの甘みとボウモアの潮の香りがベストマッチ。ボウモアには、不思議とサケトバや貝ひも、いもケンピなどジャパニーズ乾き物がよく合うのだけれど、この笹かまもピッタリ。アイラ島の人達にも教えてあげたいくらい。案外アイラでも、魚のすり身の加工品とかで、飲んでたりするのかな?

tears メーカーのホームページを見てみると、「おとうふかまぼこ」「牛タンかまぼこ」など、不思議な商品がたくさん。名古屋の次は仙台ブームが来る!と私が予言してから早数年だが、波は徐々にやって来つつあるようだ。(ホントか?) 海鳥 暁

かまぼこの佐々直 http://www.sasanao.co.jp/tenohira/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年8月21日 (日)

ダンシングシスター

第41回 札幌記念

「I'm in the mood for Dancin'」とノーランズの軽快なメロディーにのって予想してみよう。クイーンSからの連闘が3頭。⑫ダンスインザムードは予定の行動だろうけど、他の2頭は好走してるのに????で、藤沢厩舎は3頭出し。コイントスがラビット役で引っ張るの&重馬場で今回はダンスも引っかからないだろう。本命は⑫ダンスインザムード。オペラシチーは平坦小回り重の3重苦で軽視。相手は⑤エリモハリアーと⑥ファストタテヤマ、あとは④ヘヴンリーロマンス、⑨チアフルスマイルへの馬連で!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

右曲がりのダンディー

第5回 アイビスサマーダッシュ

かなり古いコミックのタイトル、覚えている方はどれくらいいるだろうか・・・夏の風物詩となったこのレース、最大の焦点は能力断然の①カルストンライトオが外に出せるかだろう。何しろ右にラチがないとまるでダメ。まさしく右曲がりのダンディーなのだから・・・昨年は5番枠から好スタートを切って、外へ出した。だけど今年は⑩ウェディングバレーも早そうで、ちょっときついかも?普通ならカルストンからノーザンダンサー系へ買えば自動的にあたってしまうんだけど・・・今年はイメージとしてはウェディングバレーとスピニングノアールなんでしょうか。とりあえず、①⑩⑫のボックスで馬連勝負。ダンディーにきめよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月20日 (土)

穴子寿司

anago いつも行列がものすごい渋谷マークシティの美登利寿司。梅が丘の本店で並んで食べた事はありますが、渋谷も負けず劣らずの行列です。そこでお持ち帰り。お持ち帰りコーナーはいつ行っても誰もならんでいません。写真の穴子寿司は通常630円のところ閉店間際に行ったので500円でした。ふっくらやわらかく、タレの味もきつくないですね。また特選握り(とかいう名前だったと思うけど)1200円もお買い得感はあります。並ばないで、おうちで缶ビールで乾杯もなかなかですよ。 海鳥 暁

| | コメント (1) | トラックバック (1)

人生は重き荷を背負って遠き道をゆくがごとし

第7回 新潟ジャンプS

今日の酷暑の中、重い荷物をしょって長い道のりを行き、その途中には様々な難関が待ち構えている。そんな状況なのが、まさにこのレースだ。一流馬は涼しい北海道で夏休みなのに、何を好き好んで炎天下の新潟くんだりまで遠征しなきゃならないのか・・・持つものと持たざるもの我々ワーキングクラスの人間は、コツコツ働けってことなんだよなあ・・・なんてことを考えていると妙にスタミナの事が気になってきた。この一戦は前開催7月30日のオープンの再戦という感じだが、距離も伸びるし、スタミナがありそうな、⑧マイネルユニバースと⑪テレジェニックを狙ってみようかな。ひと叩きされたテレジェニックは斤量も減って、前走よりは、お終いも粘れるだろうし、マイネルユニバースは人気はないが、唯一の葦毛馬。穴目は充分と見た。2頭をからめた3連複で勝負してみよう。人生コツコツもいいけれど、番狂わせがないとつまらないよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジンギスカン

jingisukan 世の中ジンギスカンブームなのだそうで、次々と焼肉屋がジンギスカン屋へ鞍替えしているようです。まあアメリカ産牛肉の輸入停止とかで牛肉が高騰していたり様々な事情があるのでしょうが・・・ヘルシー志向にも合致しているし、価格も割安。あとは羊の好き嫌いということですか・・・

個人的には羊は大好きで、なぜか福岡出身なのに普通に家庭でジンギスカンやってました。まあ、当時は貧乏で牛肉が高かったせいもあるのでしょうが、ちゃんとジンギスカン鍋もあったし、これはこれでおいしかったです。衝撃の邂逅は、なんと言っても恵比寿サッポロビアステーションのジンギスカンスクエアでしょうね。今は、ガーデンプレイスになっちゃいましたが、とにかくビールがうまいこと。大ジョッキで3杯くらい平気で飲んでました。お肉ももちろんおいしかったです。「本場の札幌ビール園で飲むと、もっと美味い」と言うのは当時の北海道出身の友人の弁。ジンギスカンではないですが、モンゴルに行ったときの羊料理(なにしろ肉といえば羊なので)もおいしかった。逆にウランバートルのレストランで牛のステーキを食べたらとんでもなく不味かったです。現在は、フレンチなどで子羊のローストとポイヤックのワイン(中でもシャトー ランシュバージュがマイフェイバリット)というのが、定番のお気に入りです。

gen さてさて、中野のジンギスカンと言えば、老舗は北口「武蔵野そば」の近くの「カムイコタン」さんですが、南口の「明石」のとなりにできた「玄」は行列のできる人気店です。店内は煙がモウモウでそれぞれのテーブルに換気扇がついていますが、結構すごいです。ここは、七輪の上にスリットの入ったジンギスカン鍋を置くスタイルで、油も落ちるし、炭火焼の美味さも味わえる!注文したのは生ラム、特上フィレ、特上ロースと野菜、キノコのセット。お肉は本当に絶品です。羊のフィレ(はじめて食べました)も上品な味でしたが、一番安い生ラムでも油がしっかりしていて充分羊のおいしさを堪能できます。最初はビールを飲んでいましたが、途中からイタリア産の赤ワインへ変更。炭火焼きの美味さととても合います。必ずまた行くぞ!!電話で空席を確かめてから行ったのですが、お店の対応も親切で感じよかったです。本当に人気店みたいなので、要TELです。「ジンギスカン玄」 03-3380-3832

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オランダせんべい

orandasenbei JR中野駅のキオスクで見つけた「オランダせんべい」です。何ゆえオランダ????メーカーのサイトによると、①産地の庄内平野の風景がオランダに似ているからと②「おらだのせんべい」(自分たちの作ったせんべい)の2つの意味があると紹介されています。味は、あっさりサラダ味。塩もきつくなくて、おいしいです。この袋で110円。中野のキオスク(南口改札の外交番の脇)では、隠れたヒット商品なのでしょうか?

酒田米菓㈱ 0120-000204 http://www.inetshonai.or.jp/~sakatabk

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

夏こそギネス

guinness 家に帰ってからの楽しみといえば、やはりビール。夏こそ冷やしたギネスです。なにしろ味が濃厚なので、何もつままなくてもおいしく飲めます。今日はドラフトでしたが、スタウトやビターもおいしいですね。最近は色んな所で手に入るようになりました。ちなみに「ギネスブック」(最近はギネスワールドレコーズと言うらいいですが)は、このギネス社の関連会社が発行しています。ギネス自身が世界一飲まれているビールだったと思います。最近の発泡酒や第3のビールブームに食傷気味の方にはぜひおすすめです。グラスに注いだら、泡が静まって、真っ黒になるまで待ってからグイっと行ってください。それでは、いただきます。 海鳥 暁

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年8月17日 (水)

ロブロイ頑張ったね

英インターナショナルS

最初はそんなに強い馬だと言う認識はなかったんですよ。同厩の先輩シンボリクリスエスとは比較にならないと思ってました。でも、昨年の有馬はしびれましたね。そしてこのレース。ニュースによると多少ボコボコした馬場だったらしい。競馬場にもよるのでしょうが、私が訪ねたときのエプソム競馬場(英ダービー ジェネラスが勝った年)は、ふくらはぎが、半分埋まるくらいの長いからみつく芝で、「さすがにタフなコースだ」と感心したものです。豊も悔しかったでしょうね。ステッキの使い方で騎乗停止になったとか・・・私も詳しくは解りませんが、欧州は細かなルールがあって、以前柴田政人も失格になったことがあったと思います。あれ南井さんだっけ?まあ、ともあれよいレースをみせてくれたロブロイに感謝です。 海鳥 暁

リンク: Keiba@nifty:競馬情報サイト.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年8月16日 (火)

蚊遣りネコ

KAYARINEKO 中野サンロードの食器屋さんで見つけた、蚊遣りネコです。後側に線香を入れる穴が開いています。例によって菊花線香を入れて、今日も安眠スタンバイ。緋毛氈もおまけでついてました。寝顔がとってもキュートでしょ。下は花梨の天然木を利用して作った晩酌テーブル。ああ、夏も終わっちゃうなあ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中野で伊勢うどん

伊勢うどんと言っても、東京の人にはなじみが薄いと思いますが・・・中野で伊勢うどんが食べられる店があるんです。中野通りと大久保通りが交差するところ、中野郵便局のすぐ前にある「志摩」というお店です。九州生まれの私は、小さい頃に両親と伊勢に旅行したときに、この不思議なうどんに出会いました。真っ黒な出汁につかったまるでコシのないやわらかいうどん。恐る恐る食べてみると、全然しょっぱくなくて、なぜだか、懐かしい味。その味にまさか、東京で再会できるとは・・・・。このお店はうなぎも美味いし、シーズンには的矢ガキも食べられます。ぜひどうぞ!! 海鳥 暁

※志摩は一時閉店してましたが、今は店舗の場所を移転して営業しております。場所は中野駅のすぐ近くレンガ通りの一画です。(平成19年5月追記)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

実は私、百鬼夜行にあったことがあるんですよ。

「10年くらい前に友達の友達が」なんてのは怪談の常套句ですけども、私の場合はバルセロナオリンピックの男子マラソン決勝の日と日にちもはっきりしているんです。谷口選手が、靴が脱げるアクシデントがあって、メダルを逃したあの日の明け方。一人暮らしのアパートで、深夜までマラソンの中継を見てから眠った私は、何かの気配にふっと目を覚ましたのです。当時住んでいたアパートは2階建てで、私のいた1階にはワンルームの部屋が5部屋くらい。わたしの部屋が敷地内では一番道路よりで101号室でした。と奥の105号室のドアを誰かがノックする音が聞こえる。あれ?っと思っているうちに、104号室、103号室とノックの音は近づいてくるのです。あ、なんだかやばいかも?と思っていると、ついに自分の部屋のドアをノックする音が・・・とその瞬間全身が金縛りにあったかと思うと、玄関のドアから私のベッドのすぐ脇を通って、ベランダのドアの方へと何だか得体の知れない禍々しい集団が部屋を横切ってドカドカと通り過ぎてゆくのです。顔を動かすこともできませんでしたので、形などはハッキリわかりませんが、見つかったら八つ裂きにされると思い、とにかくものすごい恐怖でした。あれ以来真夏の夜のマラソン中継は見ないようにしていましたが、今日、世界陸上女子マラソン見ちゃいました。大丈夫かなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マナクーラの月

昨日「FreeTEMPO」とか騒いでいながら、何だかですが、今日の一枚はジャネット・サイデル(Janet Seidel)の「マラクーナの月(MOON OF MANAKOORA」です。出会いは例によって渋谷HMVの試聴コーナー。初めてこの人の歌を聴いたのですが、すごく心地よくて即買い。ジャズは最近のものはほとんど聴いていない私ですが、全然大丈夫でした。全篇にウクレレがフューチャーされていて、夕刻によく冷やしたワインなど傾けながら聴くのに最適です。それにしてもジャネットという人は、本当につつみこむようなあたたかい声をしていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おお!兄弟対決かい

8月14日 新潟11R関越ステークス オープンのハンデ戦。しかも3歳馬の参戦もあり難解。というより買いたい馬がいないなあ。唯一参戦の3歳馬2番シンメイレグルスは、2つ上の半兄10番マイネルモルゲンに挑戦。6キロの斤量差はあるけれど、この時期ではいかがなものか?一方のお兄ちゃんモルゲンは完璧に格上だが、芝のマイラーなので、休み明け・ダート1800では、引掛りそう。どこにもいない可能性もありだなあ。若貴騒動なみに、スッキリしない(共倒れ)解決になると見た。4番シアトルユーと3番オルレアンは福島の再戦。小回り1700からの100m、斤量差1キロ増が影響して、オルレアンで逆転可能。今回も単騎で行けるし、新潟ダ1800は1000万圧勝のコース。買い目は3-4、3-10、3-11、1-3、2-3で。あ、お題の兄弟対決は一応弟が先着と見ました。 海鳥暁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

はまっています「FreeTempo」

最初の出会いは渋谷HMVの店頭だったと思います。クルーエル系好きだった私は、クラブミュージックコーナーの試聴盤で「The World is Echoed」聴いてクラクラ。新作「Oriental Quaint」もよかったし、「Cafe Aperitivo3」に入ってたのも(今、夏でしょ?と思わなくなかったけど)最高でした。気分としては、サウダージなんだろうけど、もはやジャパンオリジナルかつボーダーレスな音楽だよなあと感嘆しております。本当にぜひ聴いて!!ホームページも見てください。 海鳥暁

リンク: Welcome to Adobe GoLive 4.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

菊花線香とバズオフオイル

katori oil 私は、エアコンつけて寝るのがキライなので、夜はもっぱら窓を開けて寝ます。我が家はマンションの5階なんですが、それでも蚊がやってくるのです。網戸のすきまから進入するのか、とにかく虫除けをしないと大変。個人的にアレルギー体質がとか特に敏感だとかはありませんが、リキッド式の蚊取は頭痛がしてダメなんです。そこでたどりついたのが、「菊花せんこう」と「バズオフオイル」です。「バズオフオイル」はいわゆるアロマエッセンシャルオイルで、多分シトロネラとレモングラスをベースに虫がいやがる成分をブレンドしてあるのでは無いかと思われます。うちではアロマライトで夕方ぐらいから炊いておきます。オイルもライトも東急ハンズなどで手に入ります。香りはちょっと特徴的ですが、慣れれば爽快です。「菊花せんこう」もおそらく除虫菊が主原料で合成の殺虫成分は使用していません。別にキンチョウの蚊取り線香でも良いのですが、目やのどへの刺激はこちらのほうが少ないようです。今日もゆっくり眠れるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタ入りスルメ

築地信濃屋さんのワタ入りするめ。いやあ、いくらでも飲めそう。ただし1キロでの販売みたいです。有志をつのらないとダメですかね?

リンク: 批評.com: 築地信濃屋のワタ入りスルメ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイネルバシリコス頑張れ!!

なにを隠そう我がPO馬なんですよ<マイネルバシリコス。入厩の情報を見つけたので、リンクしてみました。それにしても、来年のダービー馬ってのは、ちょっとオーバーでないかい?マイネルレグナム(東京でよく買ったなあ)とかから考えて、マイルから中距離前後が守備範囲じゃないでしょうか?

まあ、トウカイテイオー産駒で母父サンデーという???な配合なんですが、ちょっと期待しています。トイカイテイオー産駒といえば私の大好きな後藤厩舎にいたG1ウイナーのトウカイポイント。カレも大好きだったんですが、セン馬でしたからね・・・偉大な皇帝の血を次世代につなぐためにも走れ!!マイネルバシリコス!! 海鳥 暁

リンク: ニュータイプ的競馬:マイネルバシリコス入厩!.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も暑いなあ

さてさて、新潟はもっと暑いでしょうが・・・

今日は新潟メイン11Rの三面川特別(みおもてがわとくべつ)このレースなんと過去5年連対馬はすべて牝馬なんですね。やっぱり夏は牝馬!!ということで1キャッスルブラウンから買ってみましょう。相手本線は牝馬の9プリモピアット。他に2、8、10を押さえ。スカッと暑さを吹き飛ばしたいですね。  海鳥 暁

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハイビスカスが咲いた

bloom ベランダのハイビスカスがきれいな花を咲かせました。はじめは色もくすんでいたのですが、だんだん鮮やかな色へと変わっています。日光のおかげかな?蕾もたくさんあり夏中きれいな花で楽しませてくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と簡単に作成できたけど

今後は競馬関連や食べ歩きの記事、音楽やミステリーに関する雑記を中心に載せたいと思います。

今朝は、ヘンデルの「水上の音楽」を聴きながらブログ作成。アーノンクール指揮のヤツ。なかなか夏向けだなあ。それにしても昔の王侯貴族は優雅ですね。テムズ川での舟遊び用の音楽ということなので・・・

今日も暑くなりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵事務所新規開店

何だか唐突に開店してしまった探偵事務所。私が所長の海鳥暁でございます。

なにとぞごひいきに・・・

探偵事務所と申しましても、私自身(と共鳴してくれる方々)が、色んなカテゴリーの諸々を探求しようという趣旨でございます。

まあ、こんな感じで開店のご挨拶に替えさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »