« ジンギスカン | トップページ | 穴子寿司 »

2005年8月20日 (土)

人生は重き荷を背負って遠き道をゆくがごとし

第7回 新潟ジャンプS

今日の酷暑の中、重い荷物をしょって長い道のりを行き、その途中には様々な難関が待ち構えている。そんな状況なのが、まさにこのレースだ。一流馬は涼しい北海道で夏休みなのに、何を好き好んで炎天下の新潟くんだりまで遠征しなきゃならないのか・・・持つものと持たざるもの我々ワーキングクラスの人間は、コツコツ働けってことなんだよなあ・・・なんてことを考えていると妙にスタミナの事が気になってきた。この一戦は前開催7月30日のオープンの再戦という感じだが、距離も伸びるし、スタミナがありそうな、⑧マイネルユニバースと⑪テレジェニックを狙ってみようかな。ひと叩きされたテレジェニックは斤量も減って、前走よりは、お終いも粘れるだろうし、マイネルユニバースは人気はないが、唯一の葦毛馬。穴目は充分と見た。2頭をからめた3連複で勝負してみよう。人生コツコツもいいけれど、番狂わせがないとつまらないよね。

|

« ジンギスカン | トップページ | 穴子寿司 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

ほんとに、俺って馬券が下手なのね。普通に馬連にすれば万馬券ゲットじゃん。でも人生波乱もあるってことで、労働者諸君、明日に希望をつなぎましょう。

投稿: 海鳥 暁 | 2005年8月20日 (土) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/5553129

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は重き荷を背負って遠き道をゆくがごとし:

« ジンギスカン | トップページ | 穴子寿司 »