« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の19件の記事

2005年9月30日 (金)

いんでいら再び

chikin 昔の恋人に偶然街で再開し、お茶だけのつもりが、時の経つのも忘れさせ・・・ちょっと古いが小柳ルミ子の歌みたいな「焼けぼっくいに火がついた」状態が今の私かも?こないだ実に○年ぶりくらいで食べたいんでいらのえびめし。欲望の赴くままにフラフラとまたやってきてしまいました。今回も前回と同じ道玄坂センタービルのお店です。今回食べたのは「カシミールチキンカレー」780円也。ずいぶんひさしぶりでも、舌が味を覚えているものですね。一口食べた瞬間に、破滅型だった頃の自分が蘇ってきたりして・・・(演出過剰でしたすみません)でも、また近いうちに食べたくなるんだろうなあ・・・別れても好きな人って感じで・・・「別れた人に逢った。別れた渋谷で逢った」そういえば、10月1日は渋谷の日だそうで、何かイベントはあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

あやし 宮部みゆき

個人的には、女流作家の作品は読めないんですよ。途中でつらくなって投げ出す事が多い。海外モノならジョアン・ハリスの2作「ショコラ」と「ブラックベリーワイン」はとても楽しく読めたし、長くお気に入りでもあったのだけれど、和製はダメ。唯一の例外がこの宮部みゆき。思うに私は都筑道夫のファンで、「なめくじ長屋」は特に大好きなシリーズなので、その辺りの関係かも知れませんが・・・

何よりも、その文体がキリリとして歯切れが良いのが気持ちいい。お江戸の話を書こうっていうんだから、語り口がまわりくどくっちゃいけない。仕立てはお江戸を舞台にした連作の怪談なのだけれども、ひとの心の闇、一瞬の揺らぎ、そこにスルリと入り込んでくる怪異の描き方が抜群で、お化けの話というよりは、人間の情のせつなさがぐっとせまってくる。特に「布団部屋」と「女の首」は愛情にあふれており、何度も読み返してしまった。宙に浮いたままの謎が残る「居眠り心中」「時雨鬼」もいい話だ。秋の夜長のそれも秋雨のそぼ降る夜には、最適です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月25日 (日)

渋谷 喜楽

kiraku 渋谷老舗めぐりの旅(仮称)今回は、渋谷の道玄坂を百軒店へ入った所、道頓堀劇場の前にあるラーメン屋「喜楽」です。ここも久しぶりに訪ねました。写真は中華麺600円です。ここの特長はスープに入っている「こがしネギ」。これがなんともいえない上品な甘みを出していて、鶏がらスープのあっさり醤油だしに深みを与えています。麺はあっさりしょうゆ系では珍しい中太平麺。しっかりとしたコシがあります。常連のあいだでは、「もやしそば」「タンメン」が人気。でも私はここのチャーハンと焼きそばがお気に入りで、結構オーダーに悩むこともしばしば・・・。店内は狭く1階はカウンターのみ、2階はテーブル席。かなり混雑しますが、昼飯時以外では行列はしなくてよさそうです。水曜定休。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Bleu Bleuet

blue渋谷クレストンホテルの隣、ローソン前の「Blue Bleuet渋谷本店」が今日で閉店しました。本当にたまたま今日通りかかって、そして「ブルー」が19周年を迎えたことと、この本店が今日で閉店であることを知りました。なんだか寂しいですね。私が渋谷で会社員をスタートした時からこのお店はあって、当時からナチュラル系な雑貨屋として、知る人ぞ知る存在でした。今では、全国にショップを展開する大規模な会社に成長しています。今後新ブランドのお店になる予定らしいです。この通りは東急本店脇から代々木八幡へ抜ける道で、途中には「テオブロマ」や「アリマックスホテル」など私もよく利用する店舗がありますが、「ブルー」はここのランドマークともいう存在でしたので、渋谷人としては残念な限りです。

Bleu Bleietのページはこちらです。http://www.bleubleuet.co.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディープインパクト登場

いよいよ、ディープインパクトが登場。無敗の3冠に向けて始動を開始します。過去にリアルタイムで見た3冠馬はナリタブライアン1頭ですが、その時よりも確実性が高いと感じています。ただ、ディープはパドックで生で見たことが無いので、その点はちょっと不安です。ナリタブライアンはダービーの時にパドックで見て、その気迫のすごさに圧倒されました。テレビでは見えないモノがあるんですよね。ディープもデビュー前から関係者の評判が高かったので、きっとオーラがある馬なのでしょう。でも今が旬という感じなので、今のうちに生で見たい気がします。

強すぎて、逆にあまり憎らしさを感じないというか、他のライバルとの力の差がありすぎて、しょうがないなあという感じですかね。シンボリルドルフなんかは、強かったけど、ビゼンニシキとは際どい勝負をしていましたからね。そういう意味では、ライバルがいない、ちょっと寂しい気がします。

ですからなおさら無事に、完璧なレースで無敗の3冠馬になって欲しいと思います。明日は単なる通過点。「ディープインパクト、無敗の3冠に向けて視界良好!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

えびめし@いんでいら

ebimesi 渋谷の老舗カレー屋「いんでいら」。創業は昭和30年代ということですが、私の記憶にあるのは、明治通り沿いの店。今の店は東急イン側にありますが、その頃はボーリング場側にありました。当時は辛いカレーがはやり始めた頃で、サラサラルーで辛い「カシミールカレー」は、初体験で、具にシシトウがはいっているのも新鮮でした。

一時は、明治通りに2軒、今回行った、「麗郷通り」の道玄坂側の入り口にある道玄坂センタービルの地下1階の店、クアトロの並び「青龍門」の横に1軒、北谷公園の近くに1軒とたくさんあったのですが、今は昔。私自身、何年ぶりかの「いんでいら」となりました。

この道玄坂センタービルの地下フロアーには、喫茶店「TOP」もあり、昔の渋谷の名店コレクションの風情。「TOP」も昔は、宮益坂と井の頭線のガード下、公園通りにもお店があったのに、今や東急本店とここだけですか。弟がバイトしていた事もあり、愛着のある店ですが、やはり時代の流れでしょうか。

さてさて肝心の「いんでいら」。前述の「カシミールカレー」の他「ベンガルカレー」「マレーカレー」(新メニューかな?)「欧風カレー」などがあり、どれもかなりいけますが、他で食べられないのがこの「えびめし」。まあ、ひらたく言えばカレー焼き飯なんですが、辛さと甘さ、ソースのからみ具合が絶妙。そして忘れてならないのが、付け合せのコールスロー。昔はこれにスープがついていたような気がするけど・・・・独特のアジワイは健在です。そういえば、最近「ムルギー」にも10年ぶりくらいで行く機会があったし、渋谷のなつかしの名店シリーズでも始めましょうかね。

http://www.shibuyadogenzaka.com/indeira/main.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

ホッピー

hoppi 最近は色んな居酒屋などでも見かけるようになりましたが、一時期は渋谷ならセンター街では無く、井の頭線のガードあたりの朝までやってる「やまが」に代表される焼き鳥屋なんかで、お見かけしていました。最近は「黒ホッピー」なるものもあるそうです。戦後ビールが高い時期に代用として発達してきたとか・・・・私は、学生時代はホッピーも飲めなくて、焼酎の梅エキス割りを飲んでた覚えがあります。そちらは1杯250円くらい、ホッピーは400円くらいでしたか・・・近頃のレトロブームの恩恵で、ポピュラーな飲み物になりました。「なかだけ」おかわりして、1本で3杯くらい飲めますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら夏

enniti おととい、昨日と秋祭り真っ盛り。お祭りの夜は心が沸き立ちます。暮れ方から遠く近く聞こえるお囃子に胸を躍らせて、母親にせがんで連れて行ってもらった夜店。はじめて女の子とそっと手をつないだお祭りの夜。来し方を想い、ゆく夏を想う。夜店のあかりが幻想的に揺れて、夢と現の橋渡しを容易にしてくれます。故郷を離れて久しい私は、異邦人で、どこのお祭りにも軽い違和感を覚えます。本当にごく軽いものですが、取り残された感じというか、一種の疎外感でしょうか。その一方で、「日本のこころ」なんていう言葉で表現される普遍的な郷愁も感じられ、その狭間でゆらゆらと揺れているのです。クーラーなんてない時代の開け放った窓から聞こえてくる遠くのお囃子や祭りの喧騒。扇風機の回転する音、蚊取り線香の煙、もう巡ってこない昔の日本の夏。そんなものをほんの一瞬思い出しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

秋祭り 新宿 熊野神社

kumano 新宿中央公園に隣接した熊野神社です。今日はお祭りで、境内にはたくさんの夜店が軒を連ねていました。初めてお参りしたのですが、社殿が立派でとても素敵な雰囲気です。十二社の通りでは町内会の人達が半被姿で神輿の準備をしていました。土地柄かお化粧が濃い目の若いおねえちゃんも多くて、中々いい感じでした。(失礼)今週は秋祭りのピークなのでしょうか?地元の公園も夜店がたくさんでていました。実りの秋に神様に豊作のお礼をするところが起源の秋祭り。明日は仲秋の名月だし、秋は一日ごとに深まっていきますね。

10月8日追記 熊野神社の氏子の方(?)のページです。

http://design-signal.co.jp/tokyo-meibutsu/kumano/index.html

ここの神輿の担ぎ方にそんな特徴があるなんてチイとも知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

苗字

まあ、レアな苗字なのは自覚していましたが、(なにしろハンコが既成であったためしがない)14000位以下ってのは、どう評価すればいいんでしょうか?全国には400人ほどいるらしいけど、ほとんど縁者だったりしてね。以前、宅急便のドライバーのプレートに同じ苗字の人を見つけて、話しかけそうになったくらい。伝によれば先祖は7世紀頃に大陸から渡ってきたらしい。天皇家からお寺をたまわったとか・・・系図や過去帳も残っているし、かなり古い家なのは確かだけど・・・

皆様も自分の苗字を検索してください。結構遊べるかも・・・

日本の苗字七千傑 http://www.myj7000.jp-biz.net/index.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

麺の坊 砦

nori 以前から「おいしいから行ってみなよ」と色んな人にすすめられていた神泉のとんこつラーメン屋さんへ行ってきました。お店は渋谷からだと、渋目陸橋の目の前という遠さ!!バス亭で言うと「東大前」とかになるのかな?徒歩なら東急本店&文化村の前の道をまっすぐ山手通りまで行き、旧山手通りを左に曲がるのが解りやすいです。行った時間がかなり遅かったのですが、店内はそこそこ人が入ってました。スープは本格的なとんこつ。濃いだけではなく、甘みがたっぷりあり、小倉生まれの私にも充分満足できる味です。東京でとんこつラーメンのおいしい店は数えるほどしかありませんが、ここは同じ渋谷の「唐そば」と並んでほぼNo1と言っていいかも知れません。写真は「のり・玉子」にお約束の紅しょうがと高菜をたっぷり載せたもの。麺のかたさも指定できますので、かためをおすすめします。

深夜3時までやっているのですが、飲んだ仕上げに行くには、場所が遠すぎて・・・あと非常に残念なのは、人気店なので仕方ありませんが、おでんが無いこと!!これで大鍋のおでんがあれば、ほぼ福岡のラーメン屋と変わりません。飲んで食べて仕上げにラーメン。夜だけでもおでん始めてくれないかなあ・・・・

麺の坊 砦 渋谷区神泉町20-23 03-3780-4450 11:00~翌3:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

サヨコオトナラ at アスマラ

9月10日 中目黒のオーガニックレストランでのライブ。ボーカル、アコースティックギター、ジェンベ(タイコ)、コーラスの4人編成なのに、ジャンルや表現に何の制約も感じさせないところがスゴイ。レゲエをはじめ世界の音楽がより原初的というか、生まれたての頃のスタイルで聴くとひょっとしてこんなかな?と思ってしまうほど、音楽の快感をストレートに感じる演奏でした。

サヨコさんの声は昔から大好きなのですが、声の温度が高く、その熱が会場のみんなに広がってゆく感じがすごく自然で気持ちよかったです。衣装も天岩戸の前で歌う「アメノウズメ」を彷彿とさせて、その歌声は闇を振り払う夜明けの先触れのよう。観客もステージももちろん楽しんでいるのですが、神様への奉納という側面もあるのかなあ・・・見たことは無いけれど、たとえば「出雲神楽」とか「高千穂夜神楽」を見ると同じ感じを受けるのかな?だから終わった後すごくお祭りのあとというか、ハレの感じがしました。すごく楽しい夜でした。アロマナビゲーターの方にも色々と教えていただきました。出会えた皆さんに感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

さらば愛しき人よ 紫苑ステークス

毎年このレースが来ると、秋の訪れを予感するとともに、レディパステルの事を思い出す。思えば同期のテイエムオーシャンやローズバドとの熱い戦いは華々しかった。特にローズバドとパステルはとても仲良しで、何度も同じレースに出走し、3歳のエリザベス女王杯以外は、いつもパステルが先着した。パステルの最後のレースになった5歳のエリザベス女王杯でも、ふたりは仲良く4着と5着になっている。産まれた日はレディパステルが3日ほど早いので、気性の激しいローズバドだけれど、彼女なりにパステルのことを立てていたのかも知れない。

春の既成勢力が夏を無事に過ごして、秋初戦を勝つなんてのは、牝馬では難しい事なのかも知れないなあ。2歳女王のショウナンパントルは、成長した姿を見せられるだろうか?中学生の全日本チャンピオンスプリンターが、高校や社会人になったら、サッパリってケースは結構有ることだ。パントルも気の強さを発揮して、力を出し切って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅が丘 寿司の美登利 玉子焼き

gyoku 梅が丘 寿司の美登利(渋谷マークシティ店) お持ち帰りシリーズ第3弾です。^^\今回は「玉」いわゆるおすし屋さんの玉子焼き。またまた、長蛇の列を横目に見ながら、お持ち帰りコーナーへ。いつものおじさんが笑顔で応対してくれました。もうそろそろ顔を覚えてくれたのかな?玉子焼きはひとりで食べると4回分ぐらいあります。1050円。やっぱりお持ち帰りはリーズナブルに感じますね。お味は、うーん玉子焼きだぁー。家では絶対めんどくさくて作れません。お出汁と甘みのバランスがよいです。大根おろしを用意して、おつまみがオススメです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

カレーうどん 千吉

senkiti 渋谷道玄坂にあるカレーうどん専門店「千吉」。今日注文したのは、かき揚丼セット880円。桜海老のかき揚丼とカレーうどんのセット。カレーはマイルドでうどんも太麺でおいしい。何度も足を運んでいますが、一番のオススメは、カレーうどんに温泉たまごのトッピング。カレーうどんは、ゴハンがついていて、うどんを食べた後、ゴハンをカレーに入れてカレーおじや風にして食べるととってもグッド。他にトマト味のカレーうどんや、辛い「辛吉」カレーうどん、カレーざるうどんもあります。遅くまでやっているし、店員さんの対応も丁寧でとてもよいです。ちょっと行きにくい場所ですが、マークシティを抜けると近道ですよ。

カレーうどん 千吉 渋谷道玄坂店 11:00~23:00 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年9月 6日 (火)

チャーリーハウス

men 渋谷公園通りから、少し入ったところにある、広東麺の店「チャーリーハウス」に行ってきました。昔、お昼ゴハンに何度か行ったことはあるのですが、最近めっきりごぶさたしてました。渋谷公会堂の前を北谷公園のほうへ入ったところにあります。店内は狭くカウンター席のみ。ランチの時はいつも満員ですが、時間を少しはずすと、結構すいています。女性のひとり客も多いです。さて、きょうのお目当ては「トンミン」。澄んだスープに細めんの組み合わせが絶妙です。注文したのは、「パーコートンミン」900円。味付けした豚肉のから揚げとトンミンの組み合わせ。写真のように別盛りで出てくるので、そのまま食べてもよし、乗っけてもよし。あと、ネギと青菜とおろしにんにくがついています。おろしにんにくはお好みですが、スープがとてもあっさりしているので、少し入れると味のアクセントになります。

stand 本当に澄んだあっさりしたスープなんですが、これがおいしい。しつこいラーメンに食傷気味の方にはオススメです。男性は量的にちょっともの足りないかも知れません。私は、ランチはいつも「チャーリー定食」(日替わり中華ランチ。ちなみにこの日は、パーコーの乗った中華丼で、ものすごく迷ったのですが、初志貫徹!!)を食べていました。他のメニューはネギ、青菜のみのチャーリートンミンや手羽先(手で行きましょう!!)トンミンなど。私の中では、中野沼袋の名店「GOMA」とともに、あっさり系のツートップです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月 4日 (日)

青い空が見たい

DSCN0367 最近悲しいことなどがあったり、ストレスがたまっていたので、「そうだ!海見に行こう!!」と思い立って、三浦へ行ってきました。お供はチカブーンのCD。もう結構前の曲だけど、「青い空がみたい」を聴きながら・・・。都会はどんどん後に置いてきぼりで、海が見え始めると、なんだかスッキリしてきた。ビーチには、人影がチラホラ。海の家はもう営業していなくて、街道沿いの店でマグロ丼を食べて、防波堤でのんびり・・・。「あおい空と海がみたい。どこまでもひろがる、まぶしい明日にあいたい」と歌詞が心にしみわたる。色んなストレスが開放されていく。海は、やっぱり私達のふるさとなのかな。「やがて太陽が心の影を照らしながら癒してくれるまで」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

中野 でめきん

行ってきました。中野で評判のお好み焼き「でめきん」。食べたのは、もち・チーズモダン。自分の中では定番のお気に入りメニューなんですが、何しろ麺がおいしい。東京ではあまりお目にかかれない太麺。関西風なんですが、ニューウェーブというか、「生地」が軽くて、具と軽くあわせて焼く感じで、食感がライトです。東京風の重たい生地に慣れてる方には、新鮮な驚きでは?そこに辛口と甘口のソースが絶妙にブレンドされて、とても美味!!焼く腕も非常にしっかりしているし、安心して注文できます。牛スジ系のメニューがあるのも、通にはうれしい限り。 水曜定休。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

今夜のネコ

cat 中野のとある飲み屋の店先で見つけたネコです。中からおいしそうなニオイがするからか、一生懸命中を覗き込んでいました。かなり近づいても、ちっとも振り向いてくれません。かわいい背中をパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »