« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の21件の記事

2005年10月29日 (土)

夕靄

yuumoya 段々秋も深くなってきました。今日は靄がかかった夕暮れです。なんとなくもの悲しいですね。

見渡せば 花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ  -藤原定家ー

新古今和歌集におさめられていて、寂連、西行の作品と共に「三夕の歌」のひとつですね。写真はうちのベランダからの夕暮れです。季節は、冬に向けて駆け足で過ぎて行ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

たこ焼き屋台

tako 近くのスーパーの前に出ていた屋台のたこ焼き屋。そろそろたこ焼きやおでんが恋しい季節になりましたね。アツアツのたこ焼きは大ダコ入りで6個350円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

おめでとう!!ディープインパクト

babanai いやあ、危いレースだった。初めてキレイなスタートを決めたのが仇になったか。本当に道中行きたがっていた。そして横山典の執念。ダービーでは手綱をゆずったが、アドマイヤジャパンの強さを信じていたに違いない。そしてまるで弥生賞の再現のように果敢な先行策。前走の神戸新聞杯で死んだフリをした効果と、馬自身の精神力も褒めなければいけないだろう。普通何度も対戦して、負かされた馬に挑む気力はなくなるものなのだ。人馬一体の乾坤一擲の大勝負。しかしそれをねじ伏せたディープインパクトの強靭な末脚。レース後の豊のほっとした表情が印象的だった。なにはともあれ、おめでとう!!そして珍しく3連単的中!!祝杯でベロベロなので、この辺で・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

歴史を創れディープインパクト

stand 春のシーズンが終わって、勇者達のある者は英気を養うために北へ向かい、またある者は、激しい戦いの日々に身を置くことによって、さらに自らを鍛えようとする。そんな夏の日も過ぎて、再会の秋がやってきた。そして、春の王者ディープインパクトは、秋の初戦でも我々にさらなる衝撃を与える異次元の走りを見せてくれた。春からずっと探してきたが、この馬には、もはや敵はいない。今まで地上に出現したサラブレッドの中で最強かどうか?それを問われる存在ではないかと思うのだ。いまさら3歳3冠にどれほどの意味があるのか知らないが、とにかく無事に無敗で3冠馬になって欲しいものだ。ここも彼にとっては、単なる通過点であることを切に願う。

僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る

リボーやシーバードいやキンツェムやエクリプスに並ぶ、そんな名馬を目撃できるかも知れないチャンスに、私達日本のファンは正に向き合っている。競馬を愛し続けた私達へのごほうびがこの馬なのではないかとふと思う。だからこそ、どこまでも無敗で走って欲しい。素晴しい名馬にめぐり合うことに比べたら、馬券の喜びなんて小さい。穴党のみんなも精一杯の声援を送ろう。

この遠い道程のため この遠い道程のため

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

スパゲッティnonno at 中野富士見町

nonno ご近所の名店シリーズ。中野本郷通りと中野通りの交差点、モスバーガーの隣にあるスパゲッティの店「nonno」。いつもお店の外までいいニオイがただよって、食欲をそそります。写真はウニ・イカ・タラコ。これがすごーく美味です。ペロリといけちゃいます。コレステロールとプリン体がかなり心配。あとは、アサリのパスタもおすすめ。ピザや軽いおつまみもあります。ランチタイムはかなり混みます要注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

旨辛!!マリーシャープス

mari カリブ海の小国ベリーズから来た、ハバネロペッパーのソース「マリーシャープス」私は、パスタに愛用しています。タバスコよりも辛いのに、旨味はたっぷり。ツンとくる刺激臭もありません。若干の甘味もあり、料理の味をひきたててくれます。会社の近くの輸入酒屋さんで見つけました。

http://www.habanerosauce.net/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月18日 (火)

たまには近所で 大谷商店at新中野

ootani たまには、自宅の近隣店舗もご紹介。新中野名所のソフトオンデマンドから、青梅街道をちょっとだけ、環七側へ行った道路の反対側にある「大谷商店」。旭川ラーメンの流れをくみ、スープは魚ダシの甘味がただよいます。麺はしっかりとした卵入りの中細ちぢれ麺。この麺が美味いのです。写真はミソラーメン。体がとっても温まります。これからの季節お世話になるかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

ベトナムコーヒー再び at 自宅

milk ホットベトナムコーヒーにトライ!!っつう事で、近所のスーパーでコンデンスミルク買って来ました。以前の記事で「エバミルク」って書いたのはマチガイで、甘いのはコンデンスミルクですね。早速ホットコーヒーを淹れて、コンデンスミルクをタラリ・・・。おっ、イケルかも。でも結構たっぷり入れないと、甘味はなかなか出ませんね。アイスのほうがオススメかも知れないけど、やさしいおいしさは、クセになりそうです。

以前の記事→http://newmarket.cocolog-nifty.com/seabird/2005/10/post_f568.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月15日 (土)

府中再び

goal ふたたび府中へ。今日は比較的好調で、2000円台の3連複を連続で取ったりして、ちょっとずつ復調しているなあ・・・ちょっとだけプラスで帰宅しました。それにしても今日は暑かった。夏のような日差しで、メインスタンドで伸びてました。

印象に残ったレースを・・・

東京5R新馬 勝ったのはステイゴールド産駒のメタルビーズ。小さいけど根性のある所はおとうさんゆずり。コンパクトだと仕上がりは早いんだね。成長が無いと辛くなるけど、根性で頑張れ!!息の長い活躍を期待しているよ。京都11Rデイリー杯2歳S 勝ったマルカシェンクは強い内容。一旦前をカットされてから立て直して楽勝。現時点での2歳チャンプ一番手かな?東京11R神無月S ジンクライシス残念。横典様に並ばれたら、アウトだねえ。勝ったタイキエニグマは太いかな?と思ったんですが、身が入ってきたのかな。微妙に距離も短いかなと思ったけど、やられました。ジョッキーと馬の頑張りに脱帽です。明日も楽しい良いレースをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴海屋の辛子明太子

narumiya 近所のスーパー「三徳」で発見しました。博多鳴海屋の辛子明太子。他にも「稚加榮」や「ふくや」のも置いてあります。「鳴海屋」はお気に入りなのと他であまり見ないので、早速トライ。炊き立ての白いゴハンに乗っけていただきます!!ところで、明太子の量なんですが、「一膳でひとはら」という人もいますが、うちの家庭などでは、だいたい写真のような量です。1/4腹と言った所でしょうか。血圧&コレステロールに気をつけましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

佐々直のおとうふかまぼこ

sasanao 以前紹介した仙台ささかまメーカー「佐々直」のおとうふかまぼこです。今回は東急東横店の宮城物産展で見つけました。かまぼこにおとうふを加えたもので、食感は、はんぺんに似ています。かるく揚げてあるので、うまみがあり、熱燗と一緒に一枚ペロリ。これはオススメです。タマネギ入りのプレーンと「えび」「きのこ」の3種類。

以前の記事 http://newmarket.cocolog-nifty.com/seabird/2005/08/post_4c69.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

ベトナムコーヒー

coffee 初めて飲みましたが、アイスベトナムコーヒー。酸味の無い苦めのコーヒーのグラスの底のほうに沈んでいるのは、エバミルク!!しっかり混ぜても中々混ざりませんが、これが甘くておいしいのです。こどもの頃を思い出すようなやさしい甘さ。お店は神山町、白洋舎からテオブロマへ向かう途中にあるオーガニック野菜を使ったジャマイカソウルフードの店(書いてても訳がわかりませんが)「タベラ」。落ち着いた店内とやさしいコーヒーが○です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

活版印刷

10月9日 渋谷パルコパート1のロゴスギャラリーで開催されている「印刷解体VOL2」に行ってきました。イギリス製の卓上活版印刷機「アダナ」の実演を見に出かけたのですが、会場は若い人達で一杯で、なんとか見える位置を確保するのが精一杯という盛況ぶり。やはり渋谷、若いクリエイターの卵が多いのかな?実演者の藤原弥生さんには、かつて仕事でお世話になってまして、久々の邂逅でしたが、トレードマークの白いシャツで、相変わらず元気なご様子。弥生さんは「7 Days Cards」というポストカードを制作していて、私も大ファンな訳ですが、今回は「アダナ」を使ってのポストカードの制作実演を見せていただきました。この「アダナ」がすごく優れもの&かわいいのです。赤い塗色も素敵だし、ワンストロークで、版にインクをローラーでつけて、プレスという動作をするのですが、それが力みが無くて機械じゃないみたいです。仕上がりもプレスした感じが微妙に出ていて、オフセットには無い独特の雰囲気です。「一日200枚くらいが限度」と弥生さん。でもデザインから印刷まですべて一人の手になる作品は、作り手とユーザーの距離がより近い感じがします。「スロープロダクト」とでも呼べばいいのかな?

この「アダナ」すでに製造は中止されていて、ギャラリーからは「どこで買えるのですか?」との質問もありましたが、すでに入手困難なようです。会場には、活版印刷の道具や活字が展示されていて、購入も可能です。17日までやっていますので、ぜひどうぞ。http://www.parco-art.com/web/logos/insatsukaitai_2/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

すずめのお宿

shop 今回は、渋谷円山町のホテル街の中にある一軒家のお好み焼きや「すずめのお宿」です。古風な建物は、元芸者置屋だそうで、板塀の暖簾をくぐり竹の植え込みの間を抜けると写真の玄関に着きます。二階建ての建物の中は、緋の毛氈が敷かれちょっと時代掛かった雰囲気です。従業員のお姉さん達も和服で物腰も柔らか。応対は非常に気持ちよいです。屏風や額もすずめの絵だったりする凝りようで、異空間に紛れ込んだ感じがとても心地よい。同じ敷地内におでん屋さんもあり、いつもどちらにしようか迷いますが、おでんは行ったことがありません。メニューはお好み焼き、もんじゃ焼き、鉄板焼きと一品料理。どれもちょっと凝った感じの料理です。今回は、冷やしトマト、おでん盛り合わせ、桜海老のお好み焼き(900円)、カマンベールもんじゃ(1200円)を頼みました。飲み物はハウスワインの白。

ebi お店の中は、厨房などの裏方が見えないように気を使っている感じがありがたいです。注文はベルを押せばおねえさんが席に来てくれるし、お勘定もテーブルチェックです。やはりここまで、雰囲気の演出が凝っているとうれしい限り。ワインは非常にすっきりしていて、お好み焼きにもあいますので、おすすめです。お好み焼きはキャベツがザックリと大きいのが特徴で、桜海老の風味が口いっぱいに広がります。以前牛スジのお好み焼きも食べたことがありますが、これも美味でした。カマンベールもんじゃは、まるごと一個カマンベールが入っていて、土手を崩すときに6個くらいに切って入れてくださいとの事。これが美味い!!トロトロに溶かすとチーズの風味がたまりません。トルティアチップが入っていますが、これが不思議な風味を醸し出しています。もんじゃにベビースターを入れるところがあるけれどその代用でしょうか?グレードが上がっているところが、ニクイですね。今回は、鉄板焼きは注文しませんでしたが、以前松坂牛のミニステーキを食べたら、すごく美味しかったです。おいしいお好み焼きに舌鼓をうって、おいしいワインに酔いしれると、本当に竹やぶの中のすずめのお宿に紛れ込んだよう・・・

席数も少なく、知る人ぞ知る人気店ですので、要TEL。マヨネーズは自家製で有料(50円)ですが、おいしいのでぜひお試しを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

東京競馬場

turf 本当に久しぶりの東京競馬場。天気は曇り、小雨も降ったけど、芝は良まで回復し、コンデションは絶好。写真でもわかりますでしょうか?この緑の芝が・・・広い馬場と芝をわたる風。第二の故郷はいつもやさしく私を抱きとめてくれます。まあ、馬券のほうは、午前中かなり取ったにもかかわらず、浮かなくて、あせってきたところをザックリやられた感じ。まあ、長期休養明けだし、勝負勘の狂いはしょうがないか。ヴリルも3着だったしね。絞込みまで上手くいって、いざ馬券にする過程でこぼれていく感じでしたね今日は。

fri パドックで穴馬も見つけられたし、そのへんのブランクは大丈夫でした。馬を生で見るのは癒しになりますね。いろんなタイプがいて・・・。今日9Rでレコード勝ちしたユーワハリケーンは、自分が競走馬でレースが仕事だってあんまり解っていないみたいでした。まだ子どもなんだけど、能力があると上級の辛いレースに向かわなきゃいけなくなって、そこで心身のバランスを崩しがちなんですよね。ガス抜きを上手くやってあげないと・・・厩舎の皆様よろしくお願いします。

競馬場は「ジャンクフード天国」でもあります。新スタンドにはファーストフードプラザがあり、色んなジャンクフードが食べられます。写真は鳥千のフライドチキン(310円)です。フライドチキンと言うより、チキンカツって感じでくどい味がついていないので、マスタードをタップリつけて、ビールのお供に最適です。いつもアツアツで売っていて、本当のアゲタテの時にうっかりカブリつくと、飛び出した肉汁とアブラで口中大火傷必至です。ご注意あれ。

久しぶりに行ったので、「やなぎ」が鉄火重を止めたのを知りませんでした。意外なほど美味しかったんですよ。GⅠの時なんかは、マグロの身が薄くてアブラも薄く、雨の土曜日なんかに行くと、分厚い中トロの切り落としだったりと、競馬場の食堂らしい現金さも好きだったんですが、残念!!メニューからなくなっていました。「ネギトロ丼」が代用品なんですかね?カキフライ丼とか丼物が増えていて、価格もリーズナブルになりましたかね。新スタンドができたので、場所的に苦しくなったのかな?でも鉄火重復活を切に望みます。あ、お通しのカッパえびせんも懐かしい。

競馬場の中は本当にのんびり過ごせる場所が多いんです。今日はひとりで行ったので、ほとんどカチンコに勝負に徹していましたが、私にとっては、すごく「命の洗濯」ができる場所です。勝てばもちろん、ボロボロに負かされる事もすごくカタルシスになって、翌日から元気に過ごせます。ストレスがたまって、息がつまって来たなと思ったら、競馬場ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月 8日 (土)

千代田稲荷

oyasiro 渋谷百軒店の一隅に鎮座ましますお稲荷さんです。お好み焼き「樽屋」と名曲喫茶「ライオン」の間の道をまっすぐ行った突き当りの右側にあります。ホテルと風俗店に囲まれたこの地域で、働く人々をずっと見守ってくれるお稲荷さん。こないだお参りに行ったら、思いがけず懐かしい人と再会できました。感謝です。これはお礼参りに行ったときに撮った写真です。夜はお灯明が灯してあり、ちょっと幻想的な雰囲気。人通りも少ないから、渋谷の喧騒を離れて2人でちょっと一息つくのには、ピッタリの場所です。上手く話しがまとまれば、周りはホテルだらけ・・・でもこの区画は、風俗だけで食っているようなせまーいラブホもあるので、セレクションは注意が必要!!本来は商売の神様なんですが、色町にあるせいか、出会いや恋愛に強い神様になってるのかも知れませんね。

torii こちらが入り口にある鳥居です。夜はこんな感じでとってもきれいですよ。鳥居を背にして真っ直ぐ歩き、突き当たりを右に行けば、クラブエイジアの前に出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府中開幕!!

やっと東京に競馬が帰ってきました。家がゴタゴタしてて、競馬場に行けない日々が続いていましたが、やっとなんとかなりそうです。懐かしい巨大スタンドと富士山に沈む夕日。(明日はみえないかな)向こう正面を走る高速道路。府中のスタンドは私の故郷でもあるのです。明日は雨で開幕週の芝。おまけにブランクが長いので、勝負の勘どころにも自信なし。きっとボロボロにやられると思うけど、それもカタルシスだし、負けもまた楽しからず哉。今晩は遠足の子どもみたいにドキドキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の散歩をしないかね

fresh♪ きれいな月だよ 出ておいでよ♪と言う清志郎の歌ではないけれど、暑さがやわらぎ寒くなる前のこの時期は、夜の散歩に最適です。今日は、会社からフラフラと歩いて帰ってきました。松涛公園の脇を抜けて、東大の前を通り、東北沢へ・・・途中で一軒家のフレッシュネスバーガーを見つけました。住所は、代々木上原になるのかな?途中には、ラーメン屋やカフェ、バーなどがたくさん。誘惑に打ち勝って帰ってきました。まあ、打ち負かされて飲んできてもいいんだけれど、歩くのがイヤになるといけないから・・・

歩くスピードでないと気づかないモノもたくさんありますね。「夜の散歩をしないかね」は、名曲「スローバラード」が入っているRCサクセションの転換期になったアルバム「シングルマン」に入っています。清志郎が、恋人の窓辺でやさしく語りかける歌詞になっています。

「シングルマン」については、こちらを見てみてください。RC好きだった私から見ても丁寧な解説です。

http://opus9.air-nifty.com/rock/2004/12/rc.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

タラコがやってくる!!

tarako当たっちゃいました!!キューピーのタラコ抱き枕。おなかのポケットには、タラコのCMソングを歌うミニタラコちゃん付きです。タラコのCM大人気で、グッズも売り切れ続出らしいのですが、子どものために一生懸命応募した世の中のお母さん達すみません。貴重な当たりタラコの一個は中年男のわたしのところへ来ちゃいました。まあ、昔からゲルニカのファンでしたから、ご利益があったのではないでしょうか?年季の入り方が違いますよ。(大好評のCMソングはゲルニカの上野耕路様の作曲になるのです)戸川純のボーカルでも聞いてみたいなあ・・・タラコ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月 2日 (日)

スプリンターズステークス

いよいよ、秋のGⅠ開幕だ。いつもの事だが、春の開幕の桜花賞とこのスプリンターズステークスは、心の準備ができないままに突入!!になってしまう。スタートダッシュを決めたいところだが・・・

ところで会社で公私ともにお世話になっている「とっつあん」が入院した。慌ててメールしてみると、土日は家に帰っているとの事。なあんだ競馬はできるのか。ちょっとだけ安心。とっつあんは、大井の生まれで大井の場内に知り合いも多い。とっつあんの馬券の基本は「格」だから、今回のレースなら、サイレントウィットネスとデュランダルだろう。そして牝馬を穴目で少々。これで、結構大きいところを取って行く。なんだか、「とっつあん」の人生哲学のようだ。早く回復して一緒に大井のモツ煮を食べに行こうよ。おいらも、ゴタゴタしてて競馬場はすっかりごぶさただから、楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

手作りタイカレー

red 本日はタイ風のレッドカレーを作ってみました。レシピは森枝卓士さんの「日曜日の遊び方 カレー三昧」を参考にしました。余談ですが、この本も含めて、「日曜日の遊び方シリーズ」中々よいです。かなり昔に買った本ですが、今も売っているのかな?

具は、ナス、カボチャ、鶏肉。食べやすい大きさに適当に切る。

スパイスはコリアンダー大さじ1、キャラウェイ大さじ2、カイエンペッパー大さじ2(かなり刺激的な辛さになります。お好みで調整してください)、生レモングラス茎(うちは、ベランダで育てているヤツ)10センチ、蝦醤大さじ1。

調味料 ナンプラー適宜、ココナッツクリーム1缶。

ペースト タマネギ中型1個、しょうが少々、ニンニクひとかけをミキサーで細かくして、混ぜ合わせます。うちは、ある程度刻んでからバーミックスを使っています。

ペーストを油で炒めます。弱火で軽く色づく程度(10分くらい)炒めたら、スパイスを投入し、焦がさないように弱火で炒め、スパイスが油になじんだら、鶏肉を入れます。中火で炒め、鶏肉の色が変わったら野菜を入れてざっと混ぜ、ココナッツクリームを一缶と、具合を見ながら水を同量入れます。水の量は濃厚な感じが好きなら、少なめに・・・。後は野菜に火がとおるまで煮込むだけ。ナンプラー(塩気)と砂糖(甘み)で味を調えます。ゴハンにゆるく作った目玉焼き(黄身の甘みが、辛さとよくマッチします)をのせ、ルーをかけたらできあがり。ライムやレモンを軽くしぼって食べると味がしまります。

スパイスさえ手に入れば、あとは本当に簡単です。全工程でも1時間くらいです。お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »