« 東京競馬場 | トップページ | 活版印刷 »

2005年10月10日 (月)

すずめのお宿

shop 今回は、渋谷円山町のホテル街の中にある一軒家のお好み焼きや「すずめのお宿」です。古風な建物は、元芸者置屋だそうで、板塀の暖簾をくぐり竹の植え込みの間を抜けると写真の玄関に着きます。二階建ての建物の中は、緋の毛氈が敷かれちょっと時代掛かった雰囲気です。従業員のお姉さん達も和服で物腰も柔らか。応対は非常に気持ちよいです。屏風や額もすずめの絵だったりする凝りようで、異空間に紛れ込んだ感じがとても心地よい。同じ敷地内におでん屋さんもあり、いつもどちらにしようか迷いますが、おでんは行ったことがありません。メニューはお好み焼き、もんじゃ焼き、鉄板焼きと一品料理。どれもちょっと凝った感じの料理です。今回は、冷やしトマト、おでん盛り合わせ、桜海老のお好み焼き(900円)、カマンベールもんじゃ(1200円)を頼みました。飲み物はハウスワインの白。

ebi お店の中は、厨房などの裏方が見えないように気を使っている感じがありがたいです。注文はベルを押せばおねえさんが席に来てくれるし、お勘定もテーブルチェックです。やはりここまで、雰囲気の演出が凝っているとうれしい限り。ワインは非常にすっきりしていて、お好み焼きにもあいますので、おすすめです。お好み焼きはキャベツがザックリと大きいのが特徴で、桜海老の風味が口いっぱいに広がります。以前牛スジのお好み焼きも食べたことがありますが、これも美味でした。カマンベールもんじゃは、まるごと一個カマンベールが入っていて、土手を崩すときに6個くらいに切って入れてくださいとの事。これが美味い!!トロトロに溶かすとチーズの風味がたまりません。トルティアチップが入っていますが、これが不思議な風味を醸し出しています。もんじゃにベビースターを入れるところがあるけれどその代用でしょうか?グレードが上がっているところが、ニクイですね。今回は、鉄板焼きは注文しませんでしたが、以前松坂牛のミニステーキを食べたら、すごく美味しかったです。おいしいお好み焼きに舌鼓をうって、おいしいワインに酔いしれると、本当に竹やぶの中のすずめのお宿に紛れ込んだよう・・・

席数も少なく、知る人ぞ知る人気店ですので、要TEL。マヨネーズは自家製で有料(50円)ですが、おいしいのでぜひお試しを・・・

|

« 東京競馬場 | トップページ | 活版印刷 »

「渋谷タウン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/6343476

この記事へのトラックバック一覧です: すずめのお宿:

« 東京競馬場 | トップページ | 活版印刷 »