« オペラ座の夜 | トップページ | ミヤギ老人 »

2005年11月27日 (日)

ジャパンカップ

すごいレースだった。タップダンスシチーの捨て身の逃げが超ハイペースを作り出した。中段の外目からホームのチャンピオンの意地を賭けて抜け出すゼンノロブロイ。アルカセットと馬体が合って、捕らえたと思った瞬間、名手デットーリが右ムチを2発。アルカセットが魔法のように伸びるところを今度は手綱で思いっきり押す。内からハーツクライが馬群をこじ開けてせまってきたが、時すでに遅し。デットーリがJC3度目の戴冠を果たした。それにしても凄腕。地元のエース武豊ですら1回しか優勝していないこのレース、すでに3度目の優勝。もちろん鞍上の指示に応えたアルカセットもエライけど、シングスピールではファビラスラフィンの猛追をかわし、ファルブラヴに到っては、まったくの人気薄。飛行機事故から奇跡の復帰を果たした不死身の男は、やはりすごい。そして、今回は世界最速クラスのレコード決着。2分22秒1は、とても破られないと思われた平成元年のホーリックスのレコード(当時の世界レコード)を遂に更新した。やはり欧州のトップジョッキーの勝負に賭ける気迫は、素晴しい。デットーリは馬が走らないと自分が背負って走りそう。

men 今日で今年の府中開催も終わり。美しい武蔵野の夕暮れと世界から集まった勇者たちのレースの余韻につつまれて、競馬場を後にした。こういうレースが見られるから、競馬はやめられないのです。来年も美しいこの府中のターフで素晴しいドラマと出会えますように。

(写真は府中名物きねうち麺。今年の食べ収めかな?)

|

« オペラ座の夜 | トップページ | ミヤギ老人 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/7350352

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ:

« オペラ座の夜 | トップページ | ミヤギ老人 »