« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の27件の記事

2006年4月30日 (日)

天皇賞回顧 ディープインパクト快勝

改めて、ディープインパクトの凄さを見せつけられた。パドックでは落ち着いていたし、馬体重の減は影響が無いように見えた。ただし、今日の快勝は、かなり絞ってのレコード勝ちなので、今後に影響が出そうだ。海外遠征が具体的にどんなスケジュールになるかだが、反動が出る可能性は充分にあると思う。4コーナーでは先頭にたって、ラチ沿いに走らせ、リンカーンの追撃を振り切るために最後までしっかり追っていた。今までならゆるめてゴールになるハズだが、今日は相手も悪かった。しかもレコード。反動は出そうだなあ・・・。

リンカーンは、自身の能力は出し切れたと思う。2年続けて一番人気を裏切っていたが、いずれもスローに引っかかり追い込みきれずという内容だったので、一番手が合う横典様なら逆転もと密かに期待していたが、結果はご覧の通り。

前哨戦のレベルで言えば、やはり日経賞のほうがやや高かったように思う。3着ストラタジェムは立派。

今回サンデー産駒は4頭出ていて、3着まで独占。ディープ以外はすべて1号族牝系の出身。リンカーンとストラタジェムには欧州血脈が入る。唯一凡走のローゼンクロイツは、ロサード、ヴィータローザと一族は小回り&中距離専門。納得。

マッキーマックス、デルタブルースはどうしたのか?実は、ダンスインザダーク産駒は長距離向きと言われているし、事実その通りなのだが、こと京都の3200となると実績が無い。京都の3000の菊花賞や万葉Sではたくさん連対しているのにだ。3000のほうがスタートしてから3コーナーに入るまでの距離が短く、先行争いが3コーナーの下りまで持ち越されることが多いので、ペースが速くなり、スタミナを問われる度合いが多くなるのではないか?と睨んでいる。3200のほうが、より瞬発力を問われる度合いが多くなり、大逃げを打ったりすれば別だが、ダンス産駒にとっては、歩が悪くなり、サンデー産駒の成績が上がるという現象が起こるのだと思う。

まあ、珍しくまじめに血統分析なども交えつつ振り返ってみたのは、明日も休日だから。^^\

ディープの陣営はこれからも苦労とストレスが続くだろうが、なんとか上手く今日のダメージをケアして、海外遠征に臨んで欲しい。キングジョージはただでさえ、古馬に不利な斤量だから、相手は欧州のクラシックを勝ち上がってくる3歳馬だろう。小柄なだけに60キロ程度背負わされるとキツイけど、なにしろ日本史上最強馬の名に賭けて、頑張って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇賞 予想

ディープインパクトは、「飛ぶのか?」これが最大の焦点でしょう。調教でかまれていること。馬体の成長がいまひとつで早熟の気があること。これらは不安材料で、今回は負ける可能性がかなりあると考えています。早めに動いたところを後ろから差されるか、動けずに終わるような・・・。まあ、常識を超えた名馬なので、軽く勝たれる可能性も大アリダー。

前哨戦の阪神大賞典は、決してレベルは高く無くむしろ日経賞のほうが、いいです。中山→京都で好走できるかは別問題ですが・・・。

一応、ディープインパクト、マッキーマックス、トウカイトリック、トウカイカムカム、デルタブルース、リンカーン、アイポッパーで、軸を決めて馬連か、3連複かにしたいと思います。

特注は、昨年2着のビッグゴールドと同じ臨戦過程のトウカイカムカム。京都2400で高速の上がりで勝っています。3着は充分ありますよ。リンカーンは、何故か春の天皇賞では2年連続一番人気を裏切っていますが、今回は横典が鞍上で勝負にでると見ます。本来は安定感抜群で京都も得意です。アイポッパーは、復調しているかがカギ。戻っていれば強い馬です。トウカイトリックは、もっと人気がなければイケルかも知れませんが、マークはきついでしょう。今回はそんなにスローは無いと思います。マッキーマックスは、本当に強くなりました。ただし、2000からの臨戦過程が非常に気になります。1着か惨敗かという気がします。デルタブルースは近況パっとしませんが、京都でGⅠ勝ってますからね。一応押さえ。

馬連なら軸はリンカーン。単勝買うならリンカーン。
3連複なら、リンカーン、ディープの2頭流しで上記の全馬へ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年4月29日 (土)

青葉賞 予想

東京2400は、とにかく決め手のある馬。ただし、先週はフローラステークスで、オペラハウス産駒のヤマトマリオンが勝ったように、パワーも要求される馬場でした。

切れ味で考えると、マツリダゴッホ、ホーマンアラシ、タニノベリーニ、タマモサポートあたり。この中でパワー兼備はホーマンアラシとタニノベリーニか。ホーマンアラシは、ゲートを普通に出てアドマイヤメインの後ろでレースをすすめれば、勝算も充分ある。タニノベリーニは、未知数だが、前走はみどころ充分。穴はこの2頭。

展開としては、アドマイヤメインの単騎マイペースは揺るぎそうもない。やはり一番有利。ただし、阪神での連勝が東京で再現できるかがカギ。そこでやっぱり切れ味を重視して、本命はマツリダゴッホ。内枠をひいたが、東京なら蛯名ジョッキーもキチンと能力を発揮させられるだろう。

相手は、アドマイヤメイン、マイネルアラバンサ、ホーマンアラシ、エイシンテンリュー、タマモサポートとタニノベリーニも。

馬連 2-6、8、11、13、16、17

明日へのはずみをつけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年4月28日 (金)

新宿 鬼王神社

Kiou 新宿の区役所通りと職安通りが交差するあたりにある「鬼王神社」。今の季節は、お社を囲むように伸びている大木達の若葉がとてもきれい。濡れたような緑が、心を洗ってくれます。

歓楽街の真ん中にあるとは思えない清々しい空気が境内に満ちています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

沖縄塩やきそば at ちゃんぷる亭 中野

Okinawayaki 沖縄すばを使った塩焼きそば。大好物です。

昼に沖縄料理の店に行くと必ず食べるくらいです。

独特の噛む麺は、焼きそばにピッタリですよね。お店によっては、家庭料理風にケチャプ味のところもあります。

島とうがらしのクースーをかけていただきます!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

今朝の紅茶

Tea 吉祥寺のリーフルで買った「ダージリンファーストフラッシュ」。イーストバレーに位置するノースタクバル農園のものです。香りはやや抑え目、色も薄めでまるで中国の青茶のような爽やかな味わいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

手作りカレー

Dvc00001_2 昨日作ったカレーです。基本はギャバンのカレーパウダーですが、神保町のエチオピアを意識して、クローブを少し多めに加え、仕上げにカルダモンパウダーをたっぷり使いました。カイエンペッパーを多めにしたので、かなり辛めですが、爽快な後味に仕上がりました。

カレーは狙った味が出たときは、うれしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

アンタレスステークス予想

昨日マンゴーチューハイを飲みながら予想するつもりが、チューハイ→ビール→ウイスキーと延長戦を戦って、すっかり忘れてしまいました。

さて、アンタレスステークスです。京都のダート1800は、内枠有利。あと先行が有利です。外枠はかなり不利ですね。と言っていたらエンシェントヒルが大外を引いてしまいましたね。この馬去年は仁川ステークス圧勝からアンタレス大凡走をやらかしています。今年も再現アリと見て、本命はプライドキム。ハンデ戦とはいえ前走はあわやの競馬。今回はカフェオリンポスもおりますが、しっかり逃げて欲しいものです。斤量も1キロしか増えていませんので、再度チャンス。

相手は、安定感抜群ヒシアトラスを筆頭に、サカラート、ピットファイター、カフェオリンポス、フィフティワナー。

馬連7-2,4,8,11,13

フローラステークスは全然わかりません。切れ味のアイスドールか底力のテイエムプリキュアか・・・。両者が一緒に来ることはないのでは?と考えています。テイエムプリキュアから、馬連で何点か買って見ます。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年4月22日 (土)

今日の反省

Mango あーあ。薫風ステークスハナ差で3着。まあ、しょうがないですね。福島は箸にも棒にもかからず。

で、とりあえず、いなかの猫さんに教えてもらった沖縄マンゴーチューハイを飲みながら反省会です。これ、おいしいですね。ついつい飲みすぎてしまいそうです。限定生産だそうですが、いつまで作ってくれるのか?サントリー

「沖縄県知事から感謝状いただきました」なんて缶にも印刷されていますので、限定はやめてずっと生産してください!!

| | コメント (10) | トラックバック (2)

今朝のハーブティー

Harb_1 ここ数日、鼻がグズグズ、ちょっと目もかゆい感じがしてました。

ヒノキの花粉なのかな?と思ったので今朝はエキナセア、ペパーミントにローズマリーを少し加えてみました。エキナセアは、花粉症に良いといわれていますし、ミント・ローズマリーで気分もスッキリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福島牝馬ステークス予想

福島、牝馬と聞けば、もうすでに当たる気がしません。

やはり福島は先手をとらなきゃダメでしょう。という事で、本命はスターリーヘヴン。タニノローゼがハナを切りそうだけど、3番手くらいでレースをすすめられるし、外枠に早い馬が揃ったので、内はゴチャつくかなと・・・。

相手は、昨年、一昨年の傾向なら1番人気、2番人気へ流せばOKだけど、前走落馬寸前の不利があったプリンセスグレース、復調急、混戦に強そうなアズマサンダースも押さえて・・・。

馬連 12-3,6,10,11

| | コメント (0) | トラックバック (2)

薫風ステークス 予想

さてさて、府中に競馬が帰ってまいりました。

今日のメインレースは薫風ステークス。東京はちょっと曇ってはいますが、レース名にふさわしい爽やかな天気です。

例によって、東京ダート1600の特徴。直線が長く逃げ馬には厳しい。1400よりも1800実績。芝血統が走る。

とこんなところから、本命はモンテタイウンにしました。1600万で東京ダ1600での2着実績を買いました。後から行く脚質ですが、鞍上がうまくさばいてくれるでしょう。

相手は、アルドラゴンとタイキヴァンベール。押さえにサウンドザビーチ、ベルーガ、ツムジカゼ。

開催替わりだし、サクっと当てたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年4月20日 (木)

サバの味噌煮定食 at 「のれん」 中野

Noren 今日は久々の平日休み。お昼ごはんを食べに中野へ出かけました。目指すは、「のれん」。夜は飲み屋なんですが、ランチの営業は「サバの味噌煮定食」のみのワンメニューの店なのです。

店内は狭くカウンターのみ。カウンターの中には、ベテランのお姉さんがひとり。さっそく、写真のサバの味噌煮定食の登場です。サバは、骨まで食べられるほど柔らかくなったのを、アツアツにして出してくれます。美味い!!思わずゴハンがすすんでしまいます。

付け合せのきんぴらと奴、お新香も美味でしたが、ゴハンをおかわりすると、自家製の高菜漬を炒めたものをサービスで出してくれました。これが炊き立てのゴハンと良くあうんです。

お姉さんの気遣いもありがたく、本当に気持ちよくゴハンが食べられました。ランチの営業は16時までやっています。昼飯時は混みそうなので、少しズラしたほうが良いでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やきそば at 梅蘭 渋谷

Bairan 「焼きそばは焼くから焼きそばなのであって、炒めるのと焼くのは技術が異なる」という趣旨の事を久留米の名物焼きそば屋「想夫恋」の渋谷支店(現在はありません)で聞いた事があります。

その時は、「へーなるほど」と想いながらその独特の焼きそばに舌鼓をうったわけですが、横浜中華街に本店を持つ「梅蘭」の焼きそばは・・・・。

写真で分かるとおり、こんがり、しっかり両面をやきつけた中華麺。写真では分かりづらいかも知れませんが、円周の部分は卵でしっかり閉じられていまして、中にはなんとあんかけの「あん」が入っているんです!!

五目焼きそばの「あん」をかけないで中に閉じ込めたモノと思っていただければ、ピッタリだと思いますが、これがウマイ!!その上(私にとっては大切な事ですが)ボリュームタップリ!!しかも結構夜遅くまで開いている(重要)。

ちなみにウエイターのお姉さんがとても親切だったことも付け加えておきましょう。道玄坂の中ほど、天下寿司のビル1Fです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

「タマスターラー」タニス・リー

耽美的な作風で知られるタニスリー。本書はインドを舞台にしたファンタジーです。

今までタニスの作品は「ゴルゴン」と「白馬の王子」を読みましたが、ファンタジーでは好きな作家のひとりです。「タマスターラー」は、インドを舞台に、現在から過去未来と時空を超えた物語が展開されます。インドが舞台のせいか、輪廻転生など微妙にクロスする「ふたつの生」を扱った物語が印象に残りました。

中で一番印象に残ったのは、連作の最後を飾る表題作「タマスターラー」。これは、輪廻転生の物語。よく言われる「カルマ」の概念がわかりやすく解説されていますが、クシャトリヤ(戦士階級)は転生してもクシャトリヤというのは、東洋人の私から見ると「業」を感じさせます。

「運命の手」は、別々の生を生きる同じ魂の物語。魅力的なプロットですが、途中の展開や結末はホントに意外で、先が読めません。華麗な筆で描き出される物語は、人生の無常を感じさせます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今朝のハーブティー

Harb 今朝のハーブティーです。

起きた時ちょっと頭が重かったので、今日のレシピは、ラベンダーとレモングラスとペパーミント。

ミントのスッキリ感とレモングラスの酸味がおいしい。ラベンダーはリラックスの香り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルリンフィルピクニックコンサート

今、ちょどNHKの教育テレビで、ベルリンフィルの2005ピクニックコンサートの映像が流れています。

このピクニックコンサートは、ヴァルトビューネという野外の劇場でのコンサートで、映像からとても開放的な会場の雰囲気が伝わってきます。森の中の会場で、薄暮の雰囲気や夜になってライトアップされたステージや、会場の灯などが、とてもロマンチックです。オーケストラのメンバーもとてもリラックスして、いい感じですね。

指揮者はサー・サイモン・ラトル。もちろん世界最高の組み合わせ。今日は、「フレンチナイト」と銘打ってプーランク、サン・サーンスなどを演奏しています。野外の開放的な雰囲気の中で、こんな素晴しい音楽を聴くことができるなんて、夢のようですね。

今日も偶然この番組を見つけたのですが、毎年NHKで、放映されているようで、私は何度か見ていますが、そのたびに生で見てみたい!!と感じます。

毎年7月に行われる恒例のコンサート。今年はワールドカップサッカーと重なって、大変な人気でしょうね。

最後の「ベルリンの風」は、客席は総立ちで、すごい盛り上がり。花火を手に持ってる人もいますね。ラトルも太鼓を打ち出すサービスぶり。音楽って本当に楽しいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

皐月賞 予想

せっかくのクラッシックなのですが、雨の可能性が濃厚ですね。今原稿を書いている10時半の時点では、東京は薄曇。雨の降り出しは遅くなるかも知れません。そうすると馬場の悪化はあまり考えなくていいのかな?

まず、私のPO馬キャプテンベガが出走することになりました。ご祝儀で単勝を・・・。ただし、前走の時計とフサイチジャンクにまるで歯がたたなかったレース内容、全兄のアドマイヤベガが一番人気を裏切っていること等から、今回は非常に厳しいレースになると覚悟しています。アンカツがこちらを選んでくれたので、ちょっとは希望は持てるかも・・・。

中山の2000は、瞬発力と底力を問われるコース。過去の皐月賞馬を見ても、サンデー産駒が圧倒的に多いのです。一番人気がサンデー産駒で無い年は、荒れるというデータもあります。(メジロブライト、タニノギムレット等)ということは、今年の一番人気アドマイヤムーンは飛ぶ可能性ありってことですね。

展開は、藤田のステキシンスケクンがかなり早いペースで引っ張りそう。さらにフサイチリシャールもここ2戦の内容で、抑えても意味がないことは明白なので、行くと思います。これに、メイショウサムソン、ゴウゴウキリシマがからんで、スローはないでしょう。

単勝候補は、2頭。アドマイヤムーンとサクラメガワンダー。暮のラジオ短波杯の内容は、一連のステップレースの中では、一番だと思います。短波杯はアドマイヤが休み明け、前走弥生賞はサクラが休み明け。今回の本番がまさに雌雄を決するレース。能力ではややアドマイヤが上とも考えられますが、厳しいレースでは、中山の適性を重視。鞍上もむしろ強化と考えて、本命はサクラメガワンダー。

相手はもちろんアソマイヤムーン。今回はケレンないレースをして欲しいフサイチリシャール、無欲のレースをすれば2着はあるかもショウナンタキオン、サクラ・アドマイヤと未対戦のジャリスコライト。

重では、ナイアガラを加えたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年4月15日 (土)

読売マイラーズカップ 予想

先週の桜花賞と同じコース。中間に雨も降って、やはり力のいる馬場は間違いないでしょう。

このコースはどうしても先行馬が有利。そこで月並みながら本命はローエングリンで。この馬自身同一重賞3勝目がかかります。鞍上が後藤もしくは横典様なら安心して買えるけど、この鞍上思い切って行ってくれるかな?そこが唯一の不安材料。

血統面からは、もちろんズラリと揃ったサンデー系が主力なんですが、ブルードメアサイアーにノーザンダンサー系というのが、キーポイント。さらに、マイルとしてはスタミナが要求されるコースなので、1800以上の戦績も考慮して、相手をセレクトしました。

対抗はやっぱりダイワメジャー。ノド手術後の実績は(なぜか相性の悪い府中を除けば)安定しているし、どうやら大名で2番手なら頭もアリダー。

3番手はダンスインザムード。休み明けでテンションがちょっと心配だけど、中ほどの枠で一番レースはしやすいと思います。

押さえは、ここが試金石のディアデラノビアとコース適性では???だが、実力あるプリサイスマシーン。

今年は堅いと思うのですが、どうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月11日 (火)

ジャーマンカレー at イマサ 新宿

Jaman またまた、チェーン系カレーの登場です。

新宿の京王線のほうの地下街にあるカレーハウス「イマサ」。昔京王沿線に住んでいた頃は、よく食べました。久しぶりに、ジャーマンカレー。コーンたっぷりのカレーは、薄味で不思議なカレー。で、コーンの甘味がよくマッチしています。

安いし、ボリュームもタップリ。ジャンク好きな方ぜひお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

桜花賞 予想

待ちに待ったクラッシックの開幕です。

桜花賞は、キョウエイマーチの年くらいしか当たった記憶がありません。「反面教師予想」にでもしていただければ・・・ってそこまで卑屈にならなくても。

まずは、コースの基本。阪神1600は、おにぎり型の特殊なコース。スタートしてからコーナーまでの距離が短く、外枠不利。なんだけど、桜花賞に限っては結構きています。ただし、穴はありません。強い馬が外枠に入って、もまれないで競馬ができたケースのみと考えていいでしょう。時計がかかるし、ハイペースになりやすいので、マイルよりは長めのスタミナが必要。内枠は、馬が殺到しやすく、中ごろの枠が有利。

イメージとしては、タフなコースでしっかり差せる中枠の馬。ということで本命はアドマイヤキッス。1800の未勝利を好時計で勝ち、チューリップ賞でも外外を回す差しっぷり。タイムは平凡だけど、今年はアサヒライジングとアイアムエンジェルが飛ばして早くなるとみて、本命に。

相手は、テイエムプリキュア、グレイスティアラ、コイウタ、キストゥヘブン、フサイチパンドラとお楽しみでもつれた際のウインシンシア。馬連で。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006年4月 5日 (水)

カオソーイ at チャオタイ 渋谷

Dvc00003 仕事帰りにどうしても「カオソーイ」が食べたくなった。カウソーイとも言うけど、タイのチェンマイの屋台料理で、ココナッツカレーに茹でた麺と揚げた麺が入っているという独特のカレーラーメン。最近は、メニューに載せる店も増えてきたけど、まだまだ稀少な存在です。

私は、阿佐ヶ谷の「ピッキーヌ」ではじめて食べて大ファンになりました。新宿サブナードの「チャンパー」(閉店しました)や中野の「バーンボワット」など何店か扱っているお店も開拓。

で、渋谷はここ「チャオタイ」。夜11時までやっているので、遅い仕事帰りに「カオソーイ」が食べられる貴重なお店。道玄坂センタービルの向かい側、「天下寿司」のビルの2階にあります。

まずは、「シンハー」を軽く一杯。陶器のタンブラーもよく冷やしてあり、心使いがうれしい。

Dvc00001_1 さておまちかねの「カオソーイ」。カレーは、ココナッツがやや控えめ。カオソーイにしては、刺激的な感じです。ひたすら無心で食べました。カオソーイでは、ハズレに当たったためしがありません。 複雑な香辛料や味付けがとっても美味で、やみつきになりますよ。ぜひ、一度お試しを・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

えるびす at 新宿

Erubisu 池袋のお気に入りのラーメン屋さん「えるびす」が新宿にも出来ました。ってありゃりゃ去年の8月にオープンしてるんですか?最近新宿ごぶさたですから・・・

で、池袋のお店にも随分ごぶさたしてましたので、本当に久しぶりの「えるびす」のつけ麺です。池袋とはちょっとメニューが違うのかな?いつも頼んでいる盛り込みつけ麺がないような・・・。でもつけ麺の美味さは変わりません。ちょっと酸味のきいたつけ汁とツヤツヤシコシコの麺。ボリュームもタップリです。食後にはスープ割りも忘れずに。最初に池袋でこの店を教えてくれたひとみちゃん元気でやっていますか?

池袋のお店はちょっと分かりづらいところに2店舗あります。新宿がアクセスは便利かな?

ラーメンもしょうゆ、とんこつとあるけど、私は断然つけ麺派。太麺がおいしいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

今日の1曲 JUN SKYWALKER(S) 「START」

B00005h02609lzzzzzzz この時期になると「START」結構耳にします。発売は1991年というから、もう15年も前ですが、未だに色褪せないフレッシュな感じを受ける佳曲ですね。

個人的にはすごくファンというわけでもなく、当時の「イカ天ブーム」はどちらかというと醒めた感じで眺めてました。

ただ、この季節ふとラジオから流れてくる「START」はとても新鮮で、新たなスタートへの決意を沸き立たせてくれます。実は昨日もラジオがら流れてきたのを聞いて、「春だなあ。頑張らなきゃ」という新たな気持ちになりました。新たな挑戦の春、旅立ちの春ですね。頑張りましょう!!

(ジャケ写は、解散時に発表されたベスト「マイジェネレーション」です)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

「リンガーハット」

Ringa 渋谷リンガーハットの「とくとくチャンポン」

具がたっぷりでおいしかったです。

リンガーハットは、お手軽で、遅くまでやっているので、チャンポン好きの「駆け込み寺」です。うーんごちそうさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜見物

Yozakura 4月1日の夜に夜桜見物に出かけました。

だって、2日には雨と風で桜は散るって、各テレビ局の天気予報が言ってましたから・・・。

まあ、そんなこともあってか、すごい人出。

場所は中野通り。新井薬師のあたりから哲学堂までずっと桜のトンネルが続きます。

新井薬師公園は、すごい人。日本人って桜が好きだなあ・・・。

Yozakura2 写真は新井小学校付近の桜。昔住んでいた事もあって、懐かしい気分で散策してきました。別れや出会いの季節に桜はピッタリですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダービー卿CT&大阪杯 予想

天候がいまいちで、不確定要素がありますが・・・

ダービー卿チャレンジトロフィー

力からはインセンティブガイが絶対なのでしょうが、馬場とこのコースそして、実はスタートがあまり上手くないこともあり、対抗までにします。本命は、枠の恩恵を一番受けそうなニューベリー。雨の降り出しが遅く、内枠がボコボコにならないことが前提ですが・・・1枠から先行すれば、楕円形のこのコースが断然有利です。

相手もインセンティブガイとメテオバースト、キングストレイルの先行勢。そして、力はあるグランリーオ。

大阪杯

普通に考えればカンパニー断然。ただし距離がちょっと長いのと、切れ味抜群の馬で阪神の馬場が合うかどうか?そこで思い切ってカンパニーはずしの馬連で勝負!!手堅いローゼンクロイツ、カンファーベスト、シルクフェイマスに、アドマイヤジャパンと加えたボックスで。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »