« 天皇賞 予想 | トップページ | スモークチョリソとエッグのカレー at ヒュッテマンクス 代々木 »

2006年4月30日 (日)

天皇賞回顧 ディープインパクト快勝

改めて、ディープインパクトの凄さを見せつけられた。パドックでは落ち着いていたし、馬体重の減は影響が無いように見えた。ただし、今日の快勝は、かなり絞ってのレコード勝ちなので、今後に影響が出そうだ。海外遠征が具体的にどんなスケジュールになるかだが、反動が出る可能性は充分にあると思う。4コーナーでは先頭にたって、ラチ沿いに走らせ、リンカーンの追撃を振り切るために最後までしっかり追っていた。今までならゆるめてゴールになるハズだが、今日は相手も悪かった。しかもレコード。反動は出そうだなあ・・・。

リンカーンは、自身の能力は出し切れたと思う。2年続けて一番人気を裏切っていたが、いずれもスローに引っかかり追い込みきれずという内容だったので、一番手が合う横典様なら逆転もと密かに期待していたが、結果はご覧の通り。

前哨戦のレベルで言えば、やはり日経賞のほうがやや高かったように思う。3着ストラタジェムは立派。

今回サンデー産駒は4頭出ていて、3着まで独占。ディープ以外はすべて1号族牝系の出身。リンカーンとストラタジェムには欧州血脈が入る。唯一凡走のローゼンクロイツは、ロサード、ヴィータローザと一族は小回り&中距離専門。納得。

マッキーマックス、デルタブルースはどうしたのか?実は、ダンスインザダーク産駒は長距離向きと言われているし、事実その通りなのだが、こと京都の3200となると実績が無い。京都の3000の菊花賞や万葉Sではたくさん連対しているのにだ。3000のほうがスタートしてから3コーナーに入るまでの距離が短く、先行争いが3コーナーの下りまで持ち越されることが多いので、ペースが速くなり、スタミナを問われる度合いが多くなるのではないか?と睨んでいる。3200のほうが、より瞬発力を問われる度合いが多くなり、大逃げを打ったりすれば別だが、ダンス産駒にとっては、歩が悪くなり、サンデー産駒の成績が上がるという現象が起こるのだと思う。

まあ、珍しくまじめに血統分析なども交えつつ振り返ってみたのは、明日も休日だから。^^\

ディープの陣営はこれからも苦労とストレスが続くだろうが、なんとか上手く今日のダメージをケアして、海外遠征に臨んで欲しい。キングジョージはただでさえ、古馬に不利な斤量だから、相手は欧州のクラシックを勝ち上がってくる3歳馬だろう。小柄なだけに60キロ程度背負わされるとキツイけど、なにしろ日本史上最強馬の名に賭けて、頑張って欲しい。

|

« 天皇賞 予想 | トップページ | スモークチョリソとエッグのカレー at ヒュッテマンクス 代々木 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/9837449

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞回顧 ディープインパクト快勝:

« 天皇賞 予想 | トップページ | スモークチョリソとエッグのカレー at ヒュッテマンクス 代々木 »