« バーデンバーデンカップ予想 | トップページ | クロアチア戦が終わって »

2006年6月19日 (月)

今日の1曲 「blueno」 blueno(ブルーノ)

雨の休日になると引っ張り出して利きたくなるのが、このアルバムです。フレンチスタイルのボサノヴァで、ちょっと甘めでかわいらしいボーカルとウッドベース、特徴的なのはハモンドオルガンとビブラフォン。

参加しているビブラフォンの香取良彦さんは、日本を代表するジャズビブラフォン奏者だそうです。ビブラフォンといえば、古くはミルトジャクソン、私が良く聴いた方では、チックコリアと競演したゲイリーバートンあたりが有名ですが、奏法は演奏家によってかなり異なるみたいですね。

ビブラフォンの水玉のようなはねる感じの音とハモンドのややくぐもった暖かい音が、雨の日に聴きたくなる原因かもしれません。

例によってアーティストデータなど良く分からないので、こちらを参照してください。今はもう手に入りづらいCDかも・・・。

|

« バーデンバーデンカップ予想 | トップページ | クロアチア戦が終わって »

今日の1曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/10586541

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の1曲 「blueno」 blueno(ブルーノ):

« バーデンバーデンカップ予想 | トップページ | クロアチア戦が終わって »