« 味の時計台 at 渋谷 | トップページ | さくらんぼ特別 予想 »

2006年6月16日 (金)

吉兆嘉祥 たねや

Dvc00001_4 今を去ること1200年くらい前。承和15年(848年)に1ぴきの白亀が時の仁明天皇に献上され、吉兆として元号を嘉祥と改めたのが6月の16日のこと。このお祝いの行事が疫除招福に通じるとしてお菓子を食べて祝う習慣ができたそうです。

こんな風習、今までちっとも知りませんでした。和菓子は奥が深い。というわけで、このお菓子「吉兆嘉祥」は、6月15日と16日限定発売。健康を祈念して、いただきました。

白亀を模した白い団子の中はこしあん。上の桃色は亀の甲羅を表したもので道明寺です。味も格別ですが、やはり季節の行事として祝うのは、とても楽しいものですね。

|

« 味の時計台 at 渋谷 | トップページ | さくらんぼ特別 予想 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/10554604

この記事へのトラックバック一覧です: 吉兆嘉祥 たねや:

« 味の時計台 at 渋谷 | トップページ | さくらんぼ特別 予想 »