« 代々木八幡宮 | トップページ | 長岡特別 予想 »

2006年8月 4日 (金)

土用の丑

Dvc00001_7 今日は土用の丑の日。今年は2回あるんですね。「二の丑」と呼ぶそうです。

家の近くにあるうなぎ屋「小満津」。隠れた名店なんです。

ここのうなぎは、もちろん国産。脂が上品でしっかりとうなぎの身の味を味わう事ができます。お値段はそれなりにしますが、とっておきのうなぎです。あと、ゴハンもすごーく美味しいんですよ。日本人に生まれてよかったなあと思う瞬間です。

土用にうなぎを食べる習慣は江戸時代に平賀源内が考案したうなぎ屋向けの販促策が元だとか・・・。今では、日本の夏の風物詩。源内先生に感謝しながら食して、暑い夏を乗り切りませう。

|

« 代々木八幡宮 | トップページ | 長岡特別 予想 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「中野タウン情報」カテゴリの記事

コメント

ぅなぎかぁ……
ぉーさき匂いは大好物なのですが、昔から見た目と味が苦手です。
お刺身なんかも苦手だしきっと日本人としては損なタイプですゎ
(゚□゚;ノ)ノ

投稿: ぉーさきまゃ | 2006年8月 5日 (土) 15時41分

昨日は二の丑でしたね。前回の丑の日はうなぎを食べましたが、昨日は食べなかったですね。
私が行くうなぎ屋、たまに四万十川の天然鰻を入荷するんですが、数が少ないのと値段が高いので、口にしたことはありません。一度は食べてみたいものです。
私はうなぎは食べられるんですが、穴子と鱧が苦手ですね。おいしい穴子と鱧に出会ってないからだと思います。

投稿: あひるの隊長@携帯 | 2006年8月 6日 (日) 00時30分

おーさきまや様
落語なんかで鰻屋の店先でニオイだけでゴハンを食べるハナシなんかがあったりしますね。鰻は脂が苦手という人も多いのでしょうか?
お刺身ギライは、もったいないですよー。
私は、魚系が大好きなんですが、東京は魚が高くて・・・。
おいしいものは、探さないと中々巡りあえませんね。
故郷の九州では家で普通においしいタイとかヒラメの刺身を食べていたので、ちょっとショックでした。

あひるの隊長様
東京でおいしい鱧を探すのは至難の技ですね。穴子は江戸前のとか探せば(高いけど)おいしいものがありそうですね。「のれそれ」なんかは、逆にこっちで初めて食べましたよ。
鱧はやっぱり関西ですよ。瀬戸内もいけるかな?以前尾道でハモシャブを食べたことがありますが、美味でした。

投稿: 海鳥 暁 | 2006年8月 6日 (日) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/11269201

この記事へのトラックバック一覧です: 土用の丑:

« 代々木八幡宮 | トップページ | 長岡特別 予想 »