« 凱旋門賞 | トップページ | モンブラン at 高野フルーツパーラー in 新宿 »

2006年10月 2日 (月)

これが競馬だ 凱旋門賞を観戦して

まずは、ディープインパクトにお礼を言いたい。同じように凱旋門賞で地元フランスの伏兵ササフラに敗れたニジンスキーの馬主エンゲルハートが言った言葉を思い出します。「私の不徳により彼を無敗のまま引退させることが出来なかった。短い期間の間に、様々な国の様々なレースですべて優勝するなどどという過酷な要求を彼にしたことを申し訳なく思っている。」

「日本競馬界の宿願」のために彼は、フランスまで行き、慣れない馬場(今回のタイムは2分31秒だと言う。東京コースなら2分23秒台で走れる彼なのに・・・)でベストのパフォーマンスを見せてくれた。本当に感謝したい。

結果については、「これが競馬なんだ」と言うしか無いと思います。ゲートが開いて見なければ、競馬は分からない。だから、「レースではどんな馬にも勝つ条件と要素がある」ということになるのです。2400メートル走って、わずかにクビ、ハナの差で勝負が分かれる。展開のアヤ、わずかな位置取りの差で天国と地獄が決まる。これが、競馬というスポーツなのです。

本音を言うと、大外から追い込めなかったのは、ちょっと悔いが残りますかね。彼にとって外から併せられるのは初めての経験だったし、あの追い比べで、斤量差とジョッキーの力量差を考えると結果は、おのずと知れている。まあ、一番強いレースをしたことは、明白なので、次に同じメンバーでやるとしたら、馬券的には「買い」でしょ(笑)

|

« 凱旋門賞 | トップページ | モンブラン at 高野フルーツパーラー in 新宿 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたです。
早速ですが先生!質問です!
事前の情報では絶好調ってことでしたがTVで見る限り素人目にはそんなによく見えなかったんですが実際のところどうなんですか?
岡部さんの「まだ!まだっ!」は「まだまだ大丈夫、がんばれ」の応援の言葉だったのか。はたまた「まだ我慢だ」とういう意味だったのか?どっちなんでしょう?
追われてからの反応がイマイチで最後の50mくらいで止まったように見えたんですがあれは先行したせい?追い出しをもうワンテンポ遅らせれば最後まで伸びたの?
う〜ん、わからんです。

投稿: へびつかい | 2006年10月 3日 (火) 01時05分

日本での絶好調とはいかないまでも、落ち着いていて良かったと思います。パドックで足元を映さないのでわかりませんが、踏み込みは浅かったかも・・・。まあ、休み明けですから、気合全開とはいかないでしょう。
岡部さんのコメントは、「まだ、追い出しを我慢」と言う意味だと思います。
ディープは、トップスピードが抜けているので、今回の展開だと一瞬で突き放すのが、絶対条件だったと思うのですが、長い叩き合いに持ち込まれてしまいましたね。一気に抜けるスピードが出なかったのは、馬場のせいか、調子のせいかは分かりませんが、どれもが微妙に影響していいたのでは、ないでしょうか?逆に勝った馬には、すべてが良い方向に味方したってことですよ。
いずれにしても残念でしたね。でもこれが競馬というものです。

投稿: 海鳥 暁 | 2006年10月 3日 (火) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/12118992

この記事へのトラックバック一覧です: これが競馬だ 凱旋門賞を観戦して:

» 三本目の矢に射抜かれる(凱旋門賞・回顧) [いちご一恵の勝ち馬日和]
狂気の様なフィーバーも、終わってみればあっけないもので… ディープインパクトが出 [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 01時42分

» ディープは3着 [あひるの隊長。おけらステークス]
一度は先頭に立つものの、差されましたね。 ハリケーンランやシロッコには先着しましたが。 オジサンは眠いのでもう寝ますよ [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 09時24分

» 凱旋門賞 [ライフ・イズ・ビューティフル]
大レースなのに8頭立てとは何か寂しい感じだった。 ファンファーレがないから、盛り上がりに欠けた。 凱旋門賞なのに、ゲートがしょぼかった。 予想されていた展開だったが、 向こう正面ではかなりスローな流れで、 実況のアナウンサーは落ち着いて実況していたけど、 明ら..... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 22時48分

« 凱旋門賞 | トップページ | モンブラン at 高野フルーツパーラー in 新宿 »