« いざ!!日本ダービー | トップページ | 牛丼ランチ at 叙々苑 in 新宿 »

2007年5月30日 (水)

定食屋考

Dvc00007_1 一時期、「大戸屋」がどんどん店舗数を増やしたり、それの亜流のチェーン店舗が色々と出てきたりと定食屋さんブームでしたが、今もその流れと人気は衰えないのでしょうか?

こないだジンギスカン「玄」が、ごはん屋「玄」に替わっていてビックリ。あーあ、あそこのジンギスカンファンだったのに・・・。

ところで定食屋さんといえばお釜で炊いたゴハンや炭火であぶった干物などがとてもおいしいのですが、何故か付け合せの煮物をおいしいと思ったことがありません。きんぴらやおひたしも同様で、「自分で作ったほうが美味しいや」と思ってしまいます。何より自分の好みの味付けにできることが大きいですよ。

まあ、本当の割烹なんかに行って、料理人にの方が作ったきんぴらとか食べたら、そちらのほうが美味いと思うに違いないけど、新興の定食屋さんのお惣菜レベルは、あまり高くないということなんでしょう。よく「おふくろの味」とか言う人がいるけど、私の個人的な感覚では、新興の定食屋さんのお惣菜は、「おふくろの味」とはかなりかけ離れています。

逆に古い居酒屋とか新宿の思い出横丁の定食屋さんなんかで食べる「煮物」はおいしい!!年季もあるのかもしれないし、味付けのパターンが古いのかも知れませんが、「おふくろの味」と呼びたくなる味に出会えます。中野では五差路のところにあるうなぎ「ばんば」のお母さんが作る煮しめは絶品です。「ゆっくり煮含めた」という感じがピッタリの煮物。新興の定食屋さんには、この時間的な余裕がないのかも知れませんね。

|

« いざ!!日本ダービー | トップページ | 牛丼ランチ at 叙々苑 in 新宿 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/15250702

この記事へのトラックバック一覧です: 定食屋考:

« いざ!!日本ダービー | トップページ | 牛丼ランチ at 叙々苑 in 新宿 »