« 久しぶりの東京競馬場 | トップページ | ジャワカレーうどん at 得得 in 渋谷 »

2007年10月21日 (日)

菊花賞 予想

さつさて昨日の勢いを今日に持ち越したいものですが・・・。

全馬が一長一短。どれもが弱点を持っている。そんな菊花賞は、やはり一番能力が高い馬を買うのがスジだろうか?

出走18頭の中で、GⅠタイトルを持っているのは、2頭しかいない。ドリームジャーニーとヴィクトリー。ヴィクトリーは、まともに走ればこの世代最強だと思うが、大外枠と広いコースがネック。ドリームジャーニーは、トライアルをソロっと乗ってここ狙いならとひそかに期待していたが、神戸新聞杯は展開がハマリすぎ、走りすぎたのではないか?直線平坦の京都では、さらに厳しい脚を使わなければならない点がきがかりである。

もしかしたらの逆転候補が、アルナスライン。古馬相手の京都大賞典3着は内容も立派だが、そこから中3週のローテは、はっきりアブナイ。5枠の2頭、アサクサキングスとサンツェッペリンは、勝ちきるまではどうかだし、今回はロックドゥカンプも居て、流れはさらに厳しそう。そのロックドゥカンプは、4連勝で負かした相手が小粒で、事実セントライトから本番に回ってきたのは、この馬ただ1頭。2キロの斤量差があるが、試金石の域は出ないだろう。フサイチホウオーは精神面の点というより父系のトニービンが菊花賞はまるで相性が悪い。ひょっとしたら?のヒラボクロイヤルは、内枠をうまくさばければ。4年連続2着の横典Jのホクトスルタンは、順調だった神戸新聞杯が、休み明けの3頭に完敗。よほどうまく乗らないと、厳しい。

さて結論は、もう好きな馬から買おうということにして、大外の不利を承知でヴィクトリーから。

馬単 18-1、10、12、16、17

|

« 久しぶりの東京競馬場 | トップページ | ジャワカレーうどん at 得得 in 渋谷 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/16826777

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞 予想:

« 久しぶりの東京競馬場 | トップページ | ジャワカレーうどん at 得得 in 渋谷 »