« メープルバニラハニートースト at パセラ in 渋谷 | トップページ | 五目かた焼きそば at 兆楽 in 渋谷 »

2008年1月29日 (火)

「思考の整理学」 外山滋比古 ちくま文庫

大学に入学して最初のレポートを書いたり、卒論の前に読んでおけばよかったなあと思える作品です。

タイトルどおり、着想をいかにして育て、まとめていくかを自身の体験に即してやさしく説いてくれます。

特に「智のエディターシップ」という考え方は、進歩的でよかったです。音楽の世界では、リミックスやDJの重要性は最早常識ですが、文学、論文などの世界では、まだまだ邪道なことなのかと思っていました。従来あるものを流用し、新しい価値を付加していくというエディターシップの考え方は、もっと若い頃に身に着けていれば、物事を考える時も、色んな味方ができるようになっていたかも知れないなと、ちょっとくやしい思いをしました。

ぜひ、頭が柔らかい若い世代に読んで欲しい本ですし、平易で美しい正確な日本語で書かれていますので、文章の参考にもなると思います。

|

« メープルバニラハニートースト at パセラ in 渋谷 | トップページ | 五目かた焼きそば at 兆楽 in 渋谷 »

「最近読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/17880104

この記事へのトラックバック一覧です: 「思考の整理学」 外山滋比古 ちくま文庫:

« メープルバニラハニートースト at パセラ in 渋谷 | トップページ | 五目かた焼きそば at 兆楽 in 渋谷 »