« 天皇賞 予想 | トップページ | 業務連絡 »

2008年11月 2日 (日)

天皇賞 回顧

とにかく素晴しいレースだった。

東京コースなら捉えられるとの予想からウォッカ本命にしたが、ダイワスカーレットの2枚腰はいつにも増して強靭だった。ウォッカとスカーレットの意地、アンカツとユタカの意地のぶつかりあいだ。だが最後はわずかに、ほんのわずかにユタカとウォッカの執念が勝ったようだ。驚異のレコードタイムと牝馬のワンツーという記録は、日本競馬史に残る名勝負だったと思う。

こんな素晴しいレースを目の前で見れて私は本当に幸せだ。それにしてもウォッカという馬はものすごい勝負根性だ。ディープと馬体が合うと必ず前に出ていた。この馬は本当に府中の申し子。今日、競馬場に集まったスタンドのお客さんもみんなそのことを良く知っていて、ウォッカがなんとか勝って安堵と祝福ムード。

ダイワスカーレットは化け物だ。東京コースでなければウォッカに勝ち目は無かっただろう。また、休み明けでなければ、もっと粘りを増していたかもしれない。アンカツは最初1着の検量スペースに入っている映像が出ていたから、手ごたえとしては勝っていたと思ったのだろう。ただし、この後ジャパンカップに行くのなら、ウォッカに2連敗の可能性も無いわけではない。今日のウォッカはバックストレッチでちょっと口を割っていた。ホームストレッチスタートで、外国馬も参戦するJCでは、今日のようなスローペースにはならないだろう。その状態で今日の2枚腰が使えるか、真価を問われることになる。

いずれにしてもダーリアとアレフランセもかくやと言わんばかりの名牝2頭。今日の大激走の疲れを癒し、これからも名勝負を繰り広げて欲しいものである。

ディープスカイも3歳代表として素晴しいレースをした。今日勝つことはできなかったワケだが、菊花賞を選ぶよりもずっと大きな財産を得たのではないか。前々で折り合えたし、直線のアクションもスムースだった。これから大きく成長して欲しい。

本当に素晴しいレースが見られて、今日は感謝感謝。

Yumenoato

|

« 天皇賞 予想 | トップページ | 業務連絡 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

仰るとおりです。あの激戦とドラマを見せてくれた馬たちに、その周りの人たちに感謝です。本当に感動しました!
現地観戦うらやましい><きっといつか自慢になる、そんな歴史に残る一戦でした。私も京都のターフビジョンでの観戦でしたが、リアルタイムで見られたことが嬉しいです!

投稿: いなかの猫 | 2008年11月 3日 (月) 11時01分

いなかの猫さま

本当に何年たっても「ウォッカが勝った天皇賞を見たんだ」って自慢できるようなすごいレースだったと思います。
またひとつ競馬に素晴しいプレゼントをもらいました。

昨日はジャパンカップ云々とか書いてしまいましたが、どの馬も無理をせず、調子と相談しながら次走をきめて欲しいものです。

この天皇賞を戦い抜いただけでも充分な価値があると思いますから・・・。

投稿: 海鳥 暁 | 2008年11月 4日 (火) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/42989490

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞 回顧:

» ライバルに一矢報いる、府中を酔わせた執念の末脚!(天皇賞(秋)・回顧) [いちご一恵の勝ち馬日和]
晴れ渡る秋空に恵まれた東京競馬場。 今年一番のハイライトとも言える天皇賞(秋)… [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 02時23分

« 天皇賞 予想 | トップページ | 業務連絡 »