« マークシティのクリスマスツリー | トップページ | 11月11日はポッキー&プリッツの日!! »

2008年11月11日 (火)

西武ライオンズ優勝に思うこと

最近では、そんなにプロ野球を熱心に見るわけではないのですが、今年の日本シリーズは、見ごたえ充分でした。

どちらのチームも実力を発揮してよく戦ったと思います。だけど、やっぱり究極のところで勝敗を分けるのは、「どうしても勝ちたい」という気持ちをどちらが強く持っているか、そしてそのために、何をするかってことだと痛感しました。

勝ちたいと思ったら、考えなくてはいけなくて、考えがまとまったら、実行しなくてはいけない。

西武サイドはこれが徹底できていたと私は感じました。

現役時代のナベキューとデーブの印象からはほど遠い、よく考えられた野球。きっと若手選手たちにキッチリミーティングで戦略を叩き込んでいるのでしょう。野球にブレがなく、一人一人がやるべきことを完璧に理解しているように思えました。

今回のシリーズの勝敗を受けてWBCの監督云々のブログ記事などを見たりしますが、渡辺監督の一見非情とも思える投手リレーは、日ごろの信頼関係のなせるワザであって、急造の代表チームの監督にこれを求めるのは、無理です。

カリスマ性、求心力の点から言えば、原監督のほうがやはり適任だと思いますので、これからは、いかに原監督体制を盛り立てていくか?を考えるべきでしょう。

|

« マークシティのクリスマスツリー | トップページ | 11月11日はポッキー&プリッツの日!! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/43077237

この記事へのトラックバック一覧です: 西武ライオンズ優勝に思うこと:

« マークシティのクリスマスツリー | トップページ | 11月11日はポッキー&プリッツの日!! »