« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の2件の記事

2009年3月29日 (日)

高松宮記念 予想

仕事では、1年で一番忙しい時期を迎えております海鳥です。皆様ご無沙汰しておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?私は、現在は気が張っているので大丈夫ですが、4月になったらどっと疲れが出そう・・・。昨年も3月・4月でエントリーは6件のみでした・・・・。とほほ。

さて、高松宮記念の予想です。

過去の傾向からは・・・。

1.5番手から10番の差し馬が来る。2.サンデー系×ノーザンダンサー系が多数連対。3.最後の1ハロンは時計がかかる。

1と2に当てはまりそうなのは、ソルジャーズソング、キンシャサノキセキ、ファイングレイン、アーバニティの4頭。ファイングレインは、もう1~2戦必要だったのでは?臨戦過程が万全とは言い難い。アーバニティも鞍上の勢いが怖いが、連闘後で時計の裏づけがない。鞍上こみで本命はキンシャサノキセキ。現在5番人気というのが、信じられないが、今回はチャンスと見ました。

◎キンシャサノキセキ、○ソルジャーズソング、▲スリープレスナイト、△トウショウカレッジ、アーバンストリート、、ドラゴンファング、アーバニティ、ビービーガルダン、スプリングソングまで手広く。

馬連 9-2、4、5、7、14、15、16、17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

弥生賞 予想

弥生賞 予想

昨日のWBC韓国戦すごかったですね。苦手のサウスポー対策をしっかりやって、チームバッティングの勝利。原監督のリーダーシップがはっきりと顕れた勝利だと思います。北京五輪の時に何故これができなかったのか?が悔やまれますね。

競馬も本格的な春の訪れをつげる弥生賞。今年は久しぶりの大物関東馬が登場し、例年以上にワクワクです。そして、横山ジョッキーにもメジロライアン以来のクラシック大本命での騎乗になるでしょう。「自分たちとの戦い」と言う典ちゃんとロジユニヴァースのパートナーシップは、磐石です。

本命はロジユニヴァース。3戦3勝で、初めてキッチリとした仕上げ。脚質も中山2000向きで最後に入れる大外枠も有利。相手探しは、セイウンワンダーはもちろんのこと、逃げ候補のアーリーロブスト、前走不利のあったハイローラー、状態絶好の上がり馬ケイアイライジンまで。

単勝10

馬単10-4、6、7、9

| | コメント (2) | トラックバック (4)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »