« 真夏の暑さだ東京競馬場 | トップページ | エプソムカップ&CBC賞 予想 »

2009年6月 8日 (月)

今年もウォッカで乾杯!! 安田記念を振り返って

それにしても、ウィッカという馬は、本当に劇的な馬ですね。

東京コースで見せてくれるパフォーマンスの高さがファンの心を魅了して止まないのでしょう。今日はパドックもスタンドもびっしり。彼女を生で見ようとたくさんのファンが東京競馬場へ詰め掛けました。

レースは調子良し、コース適性良し、距離良しで負ける要素が無いと思っていたら、直線で武豊がまさかの大駄乗。行くとこ行くとこ前が壁になり、後ろにいたはずのディープスカイと最後方を回っていたファリダットが、前で抜け出してしまいました。安田記念では例年馬場状態から、外を狙いに行く馬が必ずいるので、そうは窮屈にならないはずなんですが、今回は絶体絶命の大ピンチ。一瞬「ああ、そういえば武豊は安田だけは昔から人気でカモだったんだよなぁ」なんてチラっと思いましたが・・・。

ところがウォッカは全然諦めていなかったんですね。馬群のわずかな隙間を割って、ファリダットを一瞬でかわし、ディープスカイを競り落として、堂々と1着でゴール板を駆け抜けました。実質2ハロン追ってなかったと思います。驚異の集中力と強い意志の力、これこそが、ウォッカの強さであり、ファンが愛して止まない彼女の魅力だと思います。本当に今日もとてつも無く、強いレースを見せてもらいました。

あ、余談ですが、富士ビュースタンドの3階、「ヒットカフェ」(ホテルオークラ)のウォッカトニック美味しいですね。生ビールは統一価格で550円ですが、ウォッカトニックは、490円。爽やかな酸味がこの季節にピッタリだし、ビールよりはカロリーオフでは?

府中の女王は、宝塚なんて出なくていいんです。彼女が走りたくないコースで走らせなくてもいいじゃないですか。7冠目は秋の天皇賞で狙いましょうよ。

「私を負かしたかったら、府中で勝負よ!」今日も誇り高く府中のターフを駆け抜けた女王に乾杯!!

|

« 真夏の暑さだ東京競馬場 | トップページ | エプソムカップ&CBC賞 予想 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/45271026

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もウォッカで乾杯!! 安田記念を振り返って:

« 真夏の暑さだ東京競馬場 | トップページ | エプソムカップ&CBC賞 予想 »