« ダービーデー | トップページ | 安田記念 プレ予想 »

2009年6月 1日 (月)

ダービーが終わった・・・・

マリア「的中したんだって?おめでとう!!」

海鳥「1-2が本線だったので、押さえで馬単を少しだけですけど、7300円もつくなんて驚きました」

マリア「やっぱり皐月賞の敗戦が影響してたんだね。でもアンライバルドは馬場かな?」

海鳥「それもあると思いますけど、東京向きじゃなかったんですよね、きっと。」

マリア「あんなにしっかりした末脚があるのに、どこが?」

海鳥「今年の3歳では、ロジユニヴァースが抜けていると思っていたので、皐月賞の敗因が納得いかなくて、何度もレースビデオを見返したんですよ。」

マリア「執念深い人だなあ・・・。怖い」

海鳥「そしたら、アンライバルドは4コーナーから直線の入り口の馬群がキュっとつまった一瞬で、すごい切れ味で先頭に立って」

マリア「その末脚が何故東京に向かないの?」

海鳥「あとは、差を詰められる一方なんですよ。しっかり追っているのに、トライアンフマーチやセイウンワンダーが詰めてきてるんです」

マリア「それって・・・」

海鳥「きっといい脚が一瞬しか使えないタイプなんですよ」

海鳥「それで改めて戦績を見返したら、新馬戦以外は、直線が短い中山と京都の内回り。」

マリア「東京の長い直線は凌ぎきれないと」

海鳥「皐月賞の勝利は、この馬に最適なローテを組んだ陣営と武器を最大限に生かした鞍上のタッグによる素晴しい勝利だったんですよ」

マリア「今回は、この不良馬場でも、気性的な問題で前には付けられないと」

海鳥「輪乗りの時入れ込んでましたからね。そろっと出すしかなかったろうと思いますよ」

マリア「一方のロジユニヴァース陣営には、神風が吹いたわけね」

海鳥「正直、時計勝負になったら、どうなったか分からなかったんじゃないでしょうか。皐月賞の敗戦は、結果的には、乱ペースに巻き込まれて、体重が減っていた分、体力が付いていかなかったという事だったんでしょうね。中間馬体も戻して、好調教を連発してました。馬の精神力と陣営の努力に脱帽ですね」

マリア「リーチザクラウンも2番手だけど、ほとんど単騎で行っている感じだったもんね」

海鳥「2頭とも不良馬場で激走した疲れをゆっくり癒して欲しいですよね」

マリア「天候はともかく、いいダービーだったね」

海鳥「毎年、毎年競馬サークル全体が、このレースを目指しているんですから、悪いダービーなんてありっこないですよ」

マリア「また秋に成長した姿で、全馬無事に戻ってきて欲しいよね」

海鳥「典ちゃんが勝ててうれしい。本当は一番人気で勝ちたかっただろうけど・・・。また来年もその次もダービーは脈々と続いていくわけですから、チャンスはきっとやってきますよね」

マリア「競馬ってやっぱりロマンなの?」

海鳥「どんなに努力しても、最後はわずかハナ差でも、勝者と敗者が決まってしまう。そんな優勝劣敗の厳しい世界だからこそ、ロマンがあるんでしょうね」

|

« ダービーデー | トップページ | 安田記念 プレ予想 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/45197758

この記事へのトラックバック一覧です: ダービーが終わった・・・・:

« ダービーデー | トップページ | 安田記念 プレ予想 »