« 2011年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2011年8月の29件の記事

2011年8月28日 (日)

第47回新潟記念 予想

本命は、サンライズベガ。
メンバーからどう考えてもスロー。
昨年、一昨年もこのレースはスタート後の3ハロンが36秒台と言うスローに流れて、
人気薄のサンライズベガは、まんまと3着、2着にもぐりこんでいます。
勝ちきるまでは?ですが、着は拾えると思います。

逆に1番人気のタッチミーノットは、新潟大賞典では、後ろから行き過ぎて届かずと言うレース。(このときもサンライズベガは先行し、3着でした。)今回斤量も増えるし危険な人気馬と見ましたが、さて。

◎サンライズベガ
○セイクリッドバレー
▲ナリタクリスタル
△エオリアンハーブ、オペラブラーボ、プティプランセス

3連複 1頭軸 9-2、3、5、6、8(10点)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

そう言えば隅田川の花火大会だったんだっけ?

今日は土曜日でしたが、北千住で仕事。
珍しく一日立ちっぱなしで疲れました。

帰りに西日暮里でJRに乗り換えてホームに上がってみると、
空に響きわたる爆発音。
ちょど20:30くらいか。

そっかぁ、今日は隅田川の花火大会だったのね。
近くて音はすごく大きく聞こえるのに、花火はちっとも見えません。
空の下のほうがわずかに明るくなるばかり。
高いビルが多いせいですね。

山手線に乗ると、ひと足先に引き上げてきた浴衣姿のカップルで一杯。
疲れた体には応えました。

雨が降らなくて良かったですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年8月26日 (金)

マメヒコでお茶会

Mamehiko

金曜日の夜だと言うのに、何故か「マメヒコ」でお茶会。
なんか女子会みたいですが、仕事の仲間3人で・・・。

話が盛り上がり過ぎて、気づいたら22時過ぎ。
2時間近くノンアルコールでしゃべってるなんて不思議。

あんまり話が盛り上がったので、写真を撮り忘れました。
載せた写真は、結構前にとったものです。あしからず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

釜揚げうどん 丸亀製麺所

Photo

最近は東京でも普通に「讃岐うどん」が食べられるようになりました。

私が東上して来た20年くらい前は、東京で「立ち食いうどん」と言えば醤油で真っ黒になった出汁にコシの無い麺がつかっているという代物でしたが、
ちょっと前の「讃岐うどんブーム」のおかげで、
美味しくて気軽に食べられるうどん店が、増えました。

まあ、本場讃岐で食べたことの無い私が、云々言う事自体がちゃんちゃらおかしいんですが、うまいものはうまい。

渋谷にも支店がある丸亀製麺さんは、この釜揚げうどん(並)で280円です。この値段で桶で出す店なんて、以前の東京には皆無でしたよ。天ぷらも少量ずつ揚げてあるので、べちゃっとしてなくて、温かくて美味しいです。
刻んだ青ネギと生姜、天かすが入れ放題なのもGOOD!!もちろん麺ももっちりしてコシがあり、合格点です。

青山とか色んな所でお店を見掛けますが、よく似た競合店もたくさん出店しており、東京の立ち食いうどん戦争は、激化の兆しです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

行く夏を惜しむ2 キンキンに冷やしたロゼダンジュー

Photo

夏は冷やしたロゼワインがおすすめ。

私の大好きなロゼダンジュー。

軽い辛口でワインだけで飲んでもいけます。

Photo_2

大河ロワール流域のワインは、個性的なものが多く、

ミュスカデなんかも冷やして飲むと夏向きですね。

最近ロゼワインはあまり人気がないみたいですが、
値段も手頃で美味しいですよ。

キンキンに冷やしてどうぞ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

行く夏を惜しむ1 中華一番の冷やし中華

Photo

東京は少し暑さが戻ってきましたが、
もう秋の気配が濃厚です。
盛夏は過ぎた感じですね。

8月生まれの私は、夏が大好き。
暑いのなんのと文句言ってみても、
夏の終わりには感傷的な気分になります。
キャロルとか聞いちゃったり・・・。

で、行く夏を惜しんで、冷やし中華。
おなじみ渋谷の中華一番さんの冷やし中華。

私のツボの冷やし中華です。
麺がしっかりシコシコして美味しいです!!
具もキュウリ、ワカメ、くらげ、卵、エビ、チャーシューと過不足なし!!
冷やし中華の具ってこだわりある人も多いと思いますが、
ここはチャーシューが本格的な中華風のチャーシューで、美味しいです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

君は正義の味方か悪玉か?

元ネタは2ちゃんなのでしょうか?
いろんなところで引用されています。
オリジナルがわからないのですが以下の通り。

正義の味方の特徴

1 自分自身の具体的な目標をもたない

2 相手の夢を阻止するのが生きがい

3 単独~小人数で行動

4 常になにかが起こってから行動

5 受け身の姿勢

6 いつも怒っている



悪玉の特徴

1 大きな夢、野望を抱いている

2 目標達成のため、研究開発を怠らない

3 日々努力を重ね、夢に向かって手を尽している

4 失敗してもへこたれない

5 組織で行動する

6 よく笑う

とまあ、誰が見ても悪玉の行動原理のほうが優れているんですよね。
ドラッガー先生もきっとこっちを褒めるんではないかと・・・。

コツコツと努力し、研究を怠らない大きな志を持った集団を
たったひとりの目的が何だか良く解らない超人が打ち破る
ってのが、ヒーローものの本質か・・・。

そういえば、正義の味方って悪の組織がいないと存在意義がないもんね。
慈善活動とかやってるの見たことないぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

代々木八幡宮

Dvc00031
ちょっと東京を留守にする時や、仕事が忙しくて自分を見失ってしまいそうな時に、良くこの神社へお参りします。

通勤路の途中にあるので、何かいつも見守っていただいている感覚も持っています。

都内でも有数のパワースポットという事ですが、鈍感な私は霊的なものを見たことはありません。が、鬱蒼とした森の中にある何かしらの息吹を感じる事はあるような・・・。
全体が小高い山になっていて、山全部が鬱蒼とした森林で覆われています。
Dvc00033
参道はこんな感じ。正面に見えるのが拝殿です。
左手は森で、その中に縄文時代の住居が復元されています。

そう、実は境内から縄文時代の遺跡が見つかっているのです。
古代から人が住んできた場所が聖地として、残されているのでしょうね。
あるいは、昔から何かの祭礼を行う場所だったのかも・・・。

Dvc00034

復元された竪穴式の住居です。

森林も昔のまま残されているので、太古の武蔵野台地の植生を知る事ができるそうです。

縁結びの神様として人気が高いらしく、女性の参拝客が多いのも特徴です。

森の中でしばらくボーっとしていると、心が軽くなっていくのが感じられます。
ずっと昔からこの地を見守ってきた何かの力が、
心を浄化してくれるのかも知れませんね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

札幌記念&レパードステークス 予想

東京は朝から雨で肌寒いくらいの天気。

札幌は晴れで、新潟は雨のようですね。

☆札幌記念☆
8歳キングトップガンの重賞3連勝なるか?一気に斤量が3キロ増えるので、ちょっと厳しいかなと思います。本命は、トーセンジョーダン。休み明けの宝塚記念はこんなもんでしょう。今回は1番人気に応えてくれると思います。
対抗はキングトップガン。この2頭を軸に3連単で勝負。
有馬記念以来のレッドディザイアは、さすがにちょっと厳しいと思います。

◎トーセンジョーダン
○キングトップガン
▲アクシオン
△ヤングアットハート、マイネルスターリー、コスモネモシン、マカニビスティー

3連単2頭軸マルチ 13=6=2、3、7、10、12(30点)

☆レパードステークス☆
生きの良い3歳馬の夏のダート王決定戦?
ジャパンダートダービーの上位馬が人気だが、本命はタカオノボル。前走の新潟戦は、先行し早い上がりで完勝。今回もペースは早くなりそうもなく、やはりこのコースは先行が有利。
対抗は豊様のボレアス、次いでタガノロックオン。

◎タカオノボル
○ボレアス
▲タガノロックオン
△レックスパレード

馬単 5-7、11、12(3点)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2011年8月20日 (土)

久しぶりの母校

今日は、お手伝いである資格試験の試験監督をやってきました。
試験会場は、私が卒業した大学。

渋谷からは目と鼻の先にありながら、普段なかなか行きません。

学生の時と同じように宮益坂を登って青山を目指します。
ビルがたくさん建っているから気づきませんが、渋谷から青山はかなりの上り坂、
と言うか渋「谷」はやはり谷なのです。渋谷駅がちょうど谷底にある感じ。

キャンパスは昔と変わらず赤レンガの塀に囲まれていましたが、中は、色々な箇所で建て替え工事中。懐かしい古い校舎が次々となくなってゆく様は、ちょっと悲しいです。

在学中は、古くて冷房が利かないなど色々と不便に思っていましたが、
いざ、自分たちが学んだ校舎がなくなると思うと、反対と思うのは、身勝手ですね。
後輩たちの未来のために、感傷は抑えましょう。

大学の前、青山通りを挟んだ向いの国連大学校の前庭では、「ファーマーズマーケット」と言って、農家の方たちが朝どれの野菜や果物を持ってきて、市が立っていました。
帰りに私もとうもろこしとキュウリを購入。家に帰って食べたらどちらも瑞々しくて、美味しい!!やはり野菜もとれたてがおいしいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

ナポリタン at スパゲッティーのパンチョ in 渋谷 

Photo

皆さんこんばんは!!
B級&個性派店舗愛好者の海鳥です。

今日の写真は・・・なんてこった!!どこに焦点が合ってしまったのやら・・・。

渋谷のB級グルメの王者とも言えるスパゲッティーのパンチョ
写真で普通盛り(400グラム)。大盛り(600グラム)まで無料。
ちょっぴりスパイシーなナポリタンとオーソドックスなミートソースの2メニューとボリュームで勝負する気合が入ったお店です。

以前からある道玄坂のお店に加えて、宇田川町に2号店をオープン。
着実に渋谷住民たちに受け入れられています。

大量のナポリタンをフライパンをあおりながら、一心不乱に炒める姿は感動的ですらあります。
目玉焼き、ハンバーグ、ベーコンなどのトッピングも充実。
さらに渋谷一安い!!と謳うドリンクバーはなんと80円(スパゲッティー注文時のみ)

我が道を行くパンチョから目が離せません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

卵入りムルギーカレー at ムルギー in 渋谷

Photo

このピラミッド型に盛られたライス。混沌のチャンクなカレールー。そしてゆで卵。
数々の「伝説」に彩られたカレー屋さん。ムルギー。
その伝説は、大槻ケンヂのエッセイなどで、知る事ができます。
(私も何度か記事にしています。「ムルギーat百軒店渋谷」) 

今は女性スタッフの手で安定した営業がなされています。お店の中も昔よりちょっぴり明るくなりました。
味は、ちょっとマイルドになったかな?昔は辛かったので、カレー屋としては標準の辛さかな?
じっくり熟成させたルーは、肉の原型がほとんど残っていないほどのカオス状態。自家製のチャツネもしっかり以前のままです。
福神漬には、紅しょうがが混ぜてありました。以前はなかったようなきがしますので、現スタッフの発案なのかな?甘味と酸味が混ざってこれはカレーに合います!!

久しぶりにきたけど、やっぱり古き佳き渋谷を感じるカレー屋です。渋谷に来たらぜひ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

モカ珈琲はかくまで苦し

Miyama

私の仕事のひとつに、従業員からの相談窓口担当というのがあります。

人に知られたくないと言う要請があったりすると、
他の社員にばれないように、会社から離れた喫茶店で面談したりします。

担当になって見ると
職場の人間関係で悩んでいる人の多さに驚きます。
そして、メンタル不全の予備軍の多い事。

私のような人間でも、静かなところでゆっくりお話を聞いて差し上げるだけで、
「すっきりした」とか「自分はひとりじゃないって分かって安心しました」とか
行ってくれる人が圧倒的に多いです。
職場のマネージャーたちが、ちょっと時間をとって話を聞いてあげれば、
深刻な状態にならなくて済むケースもたくさんあるはず。

だから、世の管理職の人たち、
どうか自分のスタッフの話に真剣に耳を傾けてください。
チームのパフォーマンスにもきっと良い影響があると思いますよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

一番の海老そば

一番の海老そば
仕事が遅くまでかかり、携帯で更新。
こんな時は軽くラーメンでも。

一番の海老そば。
上品な旨味のしおあじのスープが
明日の元気をくれます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

終戦の日

日本の夏は、赤とんぼの群とともに、秋へ向かう。

お盆の迎え火やお墓参り。

暑さの中にも、空は少しずつ高く澄んでゆく。

あの日もきっとそんな空だっただろう。

本当に戦争がなくなる日はくるのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

第46回北九州記念 予想

生まれ故郷の小倉競馬場ですが、実は2回しか行ったことがありません。
高校生の時までしか、住んだなかったからですが、私にとってはアウェイの競馬場。
過去5年の勝馬はすべて関西馬。今年は若き関東のテイエムオオタカが人気になってますが、アウェイのプレッシャーを克服できるでしょうか?

過去の傾向からは、
軽ハンデ馬が活躍。
逃げ馬は不利。スタート後の直線が長く、オーバーペースになりがち?
枠はやや内枠有利。
サクラバクシンオー産駒が活躍と言った所。

底力よりは軽目のスピードが求められるコースでしょうか。

人気でもエーシンヴァーゴウ。3連勝は内容の良く、小倉の実績もあります。2番手はテイエムオオタカ。3歳の短距離重賞で活躍し、函館のスプリントレースで古馬相手に2着。ハナを切れなくても大丈夫でしょう。その他昨年2着のスカイノダン、堅実なタマモナイスプレイ、スピードあるヘッドライナー、軽量での一杯に期待シゲルキョクチョウまで。

◎エーシンヴァーゴウ
○テイエムオオタカ
▲タマモナイスプレイ
×スカイノダン
△ヘッドライナー、シゲルキョクチョウ

馬単マルチ6=2、3、5、9、10(10点)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ブログ開設6周年(って今気づいた)

お蔭様で、2005年の8月13日に始めたこのブログが、実に6周年を迎えました。

その間、実に色んな事がありました。

始めた時も、実は家族の大病がやっと治り始めた頃で、仕事と看病を両立して行くのでクタクタでしたが、少し病状が回復しはじめ、自分の時間を持つ余裕ができたので、競馬を再開すると同時に、ブログもはじめてみようと思い立ったのが、きっかけでした。

仕事の環境もすっかり変わりましたし、悲しい事もたくさんありました。ブログなんてやっている気分でなくなった時もたくさんありましたが、中断こそすれ、このブログを閉鎖することなく、続けてこれたのは、ひとえにいつもコメントやメッセージをくださる皆さんがいてくれたからだと思います。

ここでは、私はひとりのライターであり、肩書きや出生は一切関係がありません。訪れてくれるみなさんもそうです。そんな自由な世界での自由な交流が、私に与えてくれた事は、とてつも無く大きなものがあります。

自分のブログを綴って行く事もそうですが、皆さんのブログを訪問させていただいて、そこに書かれたため息のようなものや心の澱のようなものやその他のなんだか良くわからないようなものを読んで感じることがたくさんあります。そして、「私たちは誰も一人で生きてゆくことはできないのだなあ」と思うのです。

何だかいつものようにとりとめの無い文章になってしまいましたが、これでいいのだ。
そして、ありがとうございました。これからもくだらない事をたくさん書き連ねていきたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

広島お好み焼き じゃけんNOU in 渋谷

木曜日に大阪へ日帰り出張してきたのですが、時間に余裕などなく、「粉もん」が食べられ無くて、フラストレーションが溜まってました。

金曜の夜は、昔お世話になった人の送別会で、懐かしい顔ぶれが渋谷「さかなや」へ集合。仕事が終わった人から入れ替わりたちかわり、一体何人来たんだろう?色んな所でそれぞれ勝手に騒いでるだけなんだけど、楽しい飲み会でした。私が一緒に仕事していたのは、もう8年くらい前になるのですが、ケンカしたり、苦労しあった仲間はいいものです。広島から出張のついでに有給くっつけて参加してる人もいて、人のつながりって大切だなあと痛感しました。

さて、そんなこんなで、今日は、ちょっと重たい胃の調子と相談しつつ、「じゃけんNOU」へ。以前に広島へ出張した時も、本場で食べたいと思いつつ、果たせなかったお好み焼き。大体出張のスケジュールがタイト過ぎるんじゃね?って決めてるのは自分なんですが・・・。
Photo_2

広島で食べたこと無いので、「普通そうでしょ」と言われるかもしれませんが、ここは、そばは生麺を使っています。東京の店舗では珍しいです。だから、麺のおいしさが全然違うんです。食べてみてもしっかり実感できます。
シンプルな肉玉そばでも、麺が美味しいので充分満足。

私も西日本の生まれなので、土曜日のお昼はお好み焼きって言うパターンは多かったんですよ。あと、中学の部活帰りにお好み焼き屋さんに、よく立ち寄って、色々と下らないおしゃべりをして帰ったもんです。高校生になってからは、デートでお好み焼き屋へ良く行きました。安いですからね。
だから、お好み焼きを食べると、なんとなく家庭や友達を連想してしまいます。ラムネが飲みたくなったりするのは、そのせいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

強敵は大きく見える

とても大切な失敗できない仕事。
大変なプレッシャーと戦う事になる。
強敵はとてつもなく強く大きく見えるもの。
漠然とした不安は、さらに大きな不安を呼ぶ。
夜寝る時に、仕事の事が頭をよぎるようになると危険信号だ。

自分でも心がけ、メンバーにも常々言っているのは、
微分する事。
大きな問題も細かく分けてしまえば、掌に収まるようになる。
サッカーで言う「スモールフィールド」。
プレスをかけてスペースを消せば、
こちらのペースでコントロールしやすくなる。

それから工程を検討する時は、誰かに見てもらうこと。
一人の視点では、思い込みもある。抜けもあるだろう。
二人、三人と見れば、エラーは格段に減って行く。

そして、担当する人間がいかに自分の問題として
主体的に関われるかで、出来栄えが大きく変わってくる。
決めるのはスタッフだ。
私は許可するだけ。

私が指示をすれば、スタッフが考えない。
それでは人は育たない。
我慢が必要。
何度も何度も話して、フィニッシュのイメージをすり合わせる。

それでもうまくいかない事もある。

でも少しずつだが確実に進歩は見える。

だから仕事は、やめられない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

うなぎまぶしめし

Photo

今日は出張で大阪へ行ってきました。東京も大阪も暑かったですね。
幸い、あまり外を歩き回る必要がなかったので助かりました。

写真は、茶月のうなぎまぶしめし。
お吸い物の顆粒のパックがついていて、ひつまむし風にして食べることができます。
半分はうまぎちらしで、半分はひつまむしで、一回で二度美味しいメニューです。

冷たいものばかり食べたり、飲んだりしていると、やっぱり胃腸が弱ってきますね。
そんな時優しい出し汁のメニューは、助かりますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

朝から暑いですね

セミの声で目覚めました。

今日はこれから関西へ日帰りで出張。
大阪も東京に負けず暑そうです。

熱中症に気をつけた行ってきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

夏休みの旅日記ラスト 伊万里

Dvc00006

伊万里では、大川内山の窯元を巡りました。
って焼き物みても何もワカンナイですけどね。
まあ、街の雰囲気はご覧の通りとても素敵でした。

山あいの川沿いに窯元がずらりと建ち並び、風情があります。

あと、写真はありませんが伊万里牛のステーキもいただきました。
伊万里でも老舗のステーキハウス「勝」さん。自社の牧場で育てた牛がそうで、サーロインが超美味でした。

車での旅でしたので、伊万里市内の目抜き通りには行きませんでしたが、伊万里も良い所でした。

佐賀は海も山も人も素敵でしたよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

夏休みの旅日記3

佐賀は、風光明媚な所が多かったです。

Dvc00019

呼子の近くの加部島。

島の北端は牛の放牧地になっていて、なだらかな草の丘から雄大な玄界灘を望む事ができます。

Dvc00014

九州の北西端波戸岬。夕日がきれいな恋人の聖地だそうです。

ハートのモニュメントが青い空と海とコントラストを成しています。

Dvc00012_2

美しい棚田。夕景の美しさは格別だそうです。

おだやかな海と広い空、なだらかな豊かな山。

優しい自然に抱かれて自然とリラックスできました。

ぜひ、また訪れたい場所です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

夏休みの旅日記2 呼子

宿泊は、呼子にしました。というかこの旅の目的自体が、「呼子でイカの活き造りを食べる」事。

Dvc00013

旅館の夕食で出たイカ。本当に透明でまだ動いています。
ゲソの吸盤は吸いつくし・・・。
身がコリコリシコシコでとっても美味。上品な甘味があり、本当にこれがイカ?ってかんじです。
まあ、東京でおなじみのスルメイカとはイカの種類も違うんですよね。(ケンサキイカだそうです)

刺身を食べ終わったら、エンペラやゲソは天ぷらに・・・。
これがまた美味なんです。

東京では、いくら出したらこのレベルが食べられるんだろう?
佐賀は本当に素敵な所です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

夏休みの旅日記 唐津

楽しい夏休みも終わってしまいましたが、実家への帰省のついでにお隣の佐賀県へ遊びに行ってきました。

実家は福岡県の小倉にあります。そこから、レンタカーで唐津へ。福岡市の都市高速を抜けてからは、なんだか良く解らない有料道路をたどって、唐津へ。

すぐに虹ノ松原に到着です。それにしても広い。松原の中を道路が走っているのですが、しばらく車で走っても、松原は続きます。
途中見つけた茶屋に車を止めて海へ出て見ました。こんな広いところで迷子になったらヤバイよねと思っていたら、あっさり海へ。
Dvc00025

どうやら、松原は海に沿って横長に広がっているらしく、奥行はそうでもない感じです。

ここで食べた唐津バーガーはとっても美味しかったのですが、ハテ何が特徴と言われると????パンはちょっと変わってたかな?とかパティはチープだったなとか、思うのですが、何しろ美味しかったので、あっという間に、ハフハフとがっついてしまいました。出来立てアツアツは素早く食べる。B級グルメの王道ですね。
一瞬で完食したために、写真もありませんが、唐津へ行ったらぜひ、味わってください。損はないと思います。

Dvc00027

写真が残っていたのは、「魚ロッケドッグ」。これはもっとB級なんですが、美味い!!魚のすり身のコロッケをホットドッグにしたものです。オーロラソースがぴったり合っていて、これも美味しいです。とにかくお魚が新鮮だから美味しんだと思います。

そして唐津城に向かいます。城の隣には早稲田中学・高校?こんなところに早稲田の付属があったなんて知らなかった。お城は、海に突き出た山の上に立っていて、とても素敵なところ。天守閣からの眺めが最高でした!!
Dvc00024  

本当にこの日は、波もなく、鏡ような唐津湾が眼下に広がります。唐津良い所だなあ・・・。住んでみたい。
私は小さい頃から小倉港や門司港、下関で、渡船に乗ったり、貨物船を眺めていたりして育ったので、「海」のデフォルトが「海峡」なんです。ハシケが走り回り、貨物船が行き交う人が中心の海。

この唐津ほど風光明媚な風景と人の生活がバランス良くマッチしている港はそうそう無いでしょう。憧れます。

また、この海は私の祖先が渡ってきた大陸へつながる海でもあるんです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

第46回関屋記念 予想

関屋記念は好きなレースだ。

盛夏の新潟で行われるマイル戦。馬券もスカッと爽やかに的中させたいもの。

とにかく直線が長いコースで、どれだけ早い上がりを使えるかがポイント。
枠としては、内枠が不利。
種牡馬はタニノギムレットの成績がいいのが目立つが、ヘイルトゥリーズン系の主流血脈なら問題無し。ノーザンテースト系とトニービン系が特筆だが、今回は出走なし。

さて、人気だけどセイクリッドバレーは無視できない。前走、前々走とメンバー中最速の上がりで好走、やや後から行き過ぎる点が心配だが、直線が長く、広い新潟コースでの成績が良く、昨年のこのレース2着。今年こそ◎。

2番手は、エアラフォンか。安定した差し脚で京都と阪神で3連勝。新潟経験が無い事と昇級戦がポイント。鞍上は、テン乗りだが、ここ5年でこのレース2勝の福永。飛ぶとすれば、重賞の流れに対応できない場合か?一応○。

▲はスズジュピター。新潟には実績もあり、先行してうまく立ち回れば、高橋親子丼もあり。上がりに限界はあるかな?

大駆けの可能性はサトノフローラ。3歳重賞でまるで歯が立たなかったが、距離が合わなかった可能性もある。新潟は2戦2勝。軽量51キロで最後詰めてくるはず△。

同じく△はレインボーペガサス。きさらぎ賞勝ちがあり、京都1800を先行して粘り込むスペシャリスト。上がりに限界があり、位置取りがポイント。

馬単 5―6、7、8、12(4点)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2011年8月 6日 (土)

お墓参り

この8月9日は、Kの3回忌だ。

今日、親交があった数名でお墓参りに行ってきた。

お墓の前に立って手を合わせても、
死者は何も語ってはくれないので、
私の罪は永遠に許される事は無い。

後悔などしても、どうしようも無い事も、
2年の月日が教えてくれたので、
もう解っている。

だから、私はそれをどこまでも背負って行くだけだ。
合掌。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏休みボケ?

夏休みは終わったのに、頭はちっとも働き始めません。
仕事行きたくないとかじゃないんですが、
なかなかペースについていけない感じです。

8月4日から仕事開始したのですが、2日連続でいきなり採用の面接!!
面接官ってエナジー必要なんですよね。
人の話聴き続けるっていうのは、気力が必要。

ってわけですっかりノックアウトされて、週末のゴングに救われた私です。

やっぱり実家はいいなあ。のんびりできて。
色々あったけど、今は父も母も元気だし・・・。
うちの両親は、年寄りのくせに、どんどん変化していて、
えーそんな事もやってるの?って事が多くて、楽しかった。
友達もたくさんいるみたいだし、忙しそうで、とても安心しました。
感謝ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

とりあえず旅行から帰りました・・・

東京は涼しいですね。佐賀の暑さが嘘のようです。

とりあえず、生還報告まで・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年9月 »