« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 「里山資本主義」を読んで »

2014年1月 3日 (金)

「カナリア諸島にて」 大瀧詠一さんを偲んで・・・

「君は天然色」に出会ったのは、中学に入った頃だろうか?
とにかく痺れた。
パームツリーが並ぶアメリカ西海岸の音楽を
いきなりスムーズに日本語で歌ってくれたのだ。この人は。
しかも向こうのコピーではなく、オリジナリティに溢れたキャッチーなメロディーに乗せて・・・。
それ以来30年以上、「A LONG VACATION」は愛聴している。
特に「カナリア諸島にて」が大好きで、「君は天然色」、「Velvet Motel」からの3曲を繰り返し聴きすぎて、友達からダビングしてもらった最初のカセットテープは伸びてしまった。

モルディブ(おい!カナリア諸島ちゃうんか!! 予算と時間の関係で・・・)の水上コテージでは、海に沈む素晴らしい夕陽を眺めながら、初めてパソコンで自分で焼いたCDで、山下達郎の「Ride On Time」と共に「君は天然色」と「カナリア諸島にて」を繰り返し聞いた。

今もウォークマンに、「A LONG VACATION」と「NIAGARA TRIANGLE Vol2」はずっと入りっぱなし。

ずっとずっと、僕にとって、夏=夏休み=海=自由の象徴であり続ける曲たち。

日本でカナリア諸島の認知度が高いのは、間違いなく大瀧詠一(とちょっと城彰二)のおかげである。
いやいや、大瀧詠一がいなかったら、佐野元春もミスチルも出現しないんだし、そもそもJ-POPなんてジャンル成立してないでしょ?!
ラジオ番組も面白かったし、「うなずきマーチ」も「イエローサブマリン音頭」も素晴らしかったなあ・・・。
ああ、2020年の東京オリンピックの「新東京五輪音頭」は間違いなく大滝さんで決まり!!だったのに・・・。

私みたいな面識もない一個人が言うのは変なんですが、本当に、私たちを導いて下さりありがとうございました。私たちが一番感情を表現しやすい日本語でポップスを歌う、その大地を切り開いてくれた、本当に感謝しても、し切れないくらいです。
これからは、どうか本当のA LONG VACATIONを満喫してください。

薄く切ったオレンジを アイスティーに浮かべて
海に向いたテラスで ペンだけ滑らす
夏の影が 砂浜を急ぎ足に横切ると
生きる事も 爽やかに見えてくるから 不思議だ

「カナリア諸島にて 大瀧詠一」

|

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 「里山資本主義」を読んで »

今日の1曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129725/58877383

この記事へのトラックバック一覧です: 「カナリア諸島にて」 大瀧詠一さんを偲んで・・・:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 「里山資本主義」を読んで »