カテゴリー「旅行・地域」の6件の記事

2011年8月10日 (水)

夏休みの旅日記ラスト 伊万里

Dvc00006

伊万里では、大川内山の窯元を巡りました。
って焼き物みても何もワカンナイですけどね。
まあ、街の雰囲気はご覧の通りとても素敵でした。

山あいの川沿いに窯元がずらりと建ち並び、風情があります。

あと、写真はありませんが伊万里牛のステーキもいただきました。
伊万里でも老舗のステーキハウス「勝」さん。自社の牧場で育てた牛がそうで、サーロインが超美味でした。

車での旅でしたので、伊万里市内の目抜き通りには行きませんでしたが、伊万里も良い所でした。

佐賀は海も山も人も素敵でしたよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

夏休みの旅日記3

佐賀は、風光明媚な所が多かったです。

Dvc00019

呼子の近くの加部島。

島の北端は牛の放牧地になっていて、なだらかな草の丘から雄大な玄界灘を望む事ができます。

Dvc00014

九州の北西端波戸岬。夕日がきれいな恋人の聖地だそうです。

ハートのモニュメントが青い空と海とコントラストを成しています。

Dvc00012_2

美しい棚田。夕景の美しさは格別だそうです。

おだやかな海と広い空、なだらかな豊かな山。

優しい自然に抱かれて自然とリラックスできました。

ぜひ、また訪れたい場所です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

夏休みの旅日記2 呼子

宿泊は、呼子にしました。というかこの旅の目的自体が、「呼子でイカの活き造りを食べる」事。

Dvc00013

旅館の夕食で出たイカ。本当に透明でまだ動いています。
ゲソの吸盤は吸いつくし・・・。
身がコリコリシコシコでとっても美味。上品な甘味があり、本当にこれがイカ?ってかんじです。
まあ、東京でおなじみのスルメイカとはイカの種類も違うんですよね。(ケンサキイカだそうです)

刺身を食べ終わったら、エンペラやゲソは天ぷらに・・・。
これがまた美味なんです。

東京では、いくら出したらこのレベルが食べられるんだろう?
佐賀は本当に素敵な所です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

夏休みの旅日記 唐津

楽しい夏休みも終わってしまいましたが、実家への帰省のついでにお隣の佐賀県へ遊びに行ってきました。

実家は福岡県の小倉にあります。そこから、レンタカーで唐津へ。福岡市の都市高速を抜けてからは、なんだか良く解らない有料道路をたどって、唐津へ。

すぐに虹ノ松原に到着です。それにしても広い。松原の中を道路が走っているのですが、しばらく車で走っても、松原は続きます。
途中見つけた茶屋に車を止めて海へ出て見ました。こんな広いところで迷子になったらヤバイよねと思っていたら、あっさり海へ。
Dvc00025

どうやら、松原は海に沿って横長に広がっているらしく、奥行はそうでもない感じです。

ここで食べた唐津バーガーはとっても美味しかったのですが、ハテ何が特徴と言われると????パンはちょっと変わってたかな?とかパティはチープだったなとか、思うのですが、何しろ美味しかったので、あっという間に、ハフハフとがっついてしまいました。出来立てアツアツは素早く食べる。B級グルメの王道ですね。
一瞬で完食したために、写真もありませんが、唐津へ行ったらぜひ、味わってください。損はないと思います。

Dvc00027

写真が残っていたのは、「魚ロッケドッグ」。これはもっとB級なんですが、美味い!!魚のすり身のコロッケをホットドッグにしたものです。オーロラソースがぴったり合っていて、これも美味しいです。とにかくお魚が新鮮だから美味しんだと思います。

そして唐津城に向かいます。城の隣には早稲田中学・高校?こんなところに早稲田の付属があったなんて知らなかった。お城は、海に突き出た山の上に立っていて、とても素敵なところ。天守閣からの眺めが最高でした!!
Dvc00024  

本当にこの日は、波もなく、鏡ような唐津湾が眼下に広がります。唐津良い所だなあ・・・。住んでみたい。
私は小さい頃から小倉港や門司港、下関で、渡船に乗ったり、貨物船を眺めていたりして育ったので、「海」のデフォルトが「海峡」なんです。ハシケが走り回り、貨物船が行き交う人が中心の海。

この唐津ほど風光明媚な風景と人の生活がバランス良くマッチしている港はそうそう無いでしょう。憧れます。

また、この海は私の祖先が渡ってきた大陸へつながる海でもあるんです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年8月26日 (日)

ラベンダーソフトクリーム

ここのところ6勤1休が続き、現場の勤務も入って少々疲れ気味。

今、ラベンダーのエッセンシャルオイルをオイルウォーマーで炊きながらPCに向かっております。

落ち着いた香りが尖った神経を柔らかくほぐしてくれます。

それで思い出したのが、今年の夏、尾道駅前のウォーターフロントビル(グリーンヒルホテル尾道が入っているビル)の2階にある「ポンテクラフト」というハーブ屋さん。ここでいただいたラベンダーのソフトクリームとっても爽やかでおいしかったです。一緒にいただいたフレッシュミントを主体としたアイスハーブティーもとてもおいしくて、夏の尾道の暑さを吹き飛ばしてくれました。尾道水道に面したテラスの席は、潮風を満喫できます。尾道へ行った際に時間が空いたらぜひ立ち寄ってみてください。

Dvc00012 ポンテクラフト 0848-21-1021

         火曜日定休 営業時間 10:00~19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

夏休の思ひ出その3 伯方島の鯛!!

Dvc00007 しまなみ海道は、何度か訪れているのですが、大好きな場所です。海が日常の生活に入り込んだ瀬戸内の風景や人は、私の心の奥底にある何かを揺り起こします。「郷愁」という言葉では、尽くせない感覚です。

今回は初めて伯方島に泊まってみました。お世話になった「光藤旅館」は、歌人吉井勇ゆかりの宿でもあります。本当に港のすぐそばに建っていて海の幸が自慢のお宿です。季節柄車海老のおどりは食べられませんでしたが、芝エビのおどりをいただきました。これがプリプリで美味い事!!半分はさっと茹でていただきましたが、あまーい!!です。

写真の鯛はもちろん天然で近所で釣ったものです。半身は刺身でいただきましたが、とろけるような甘さ。塩焼きにしてもホクホクで甘味が強く、最高でした。もちろんしゃぶるようにして、きれいにいただきました。

Dvc00008 島を旅する感覚は、とても不思議で、自分が異邦人であることを意識すると同時に、また甘美な懐かしさも感じたりします。それこそ取り付く島もない激しい海とは違い、瀬戸内の海は人々が行き交い、日々の糧を得る場でもあるわけで、親しみと感謝を感じました。

波にだかれて島の唄を唄えば   ホロホロ涙がこぼれおちる

| | コメント (0) | トラックバック (0)