カテゴリー「競馬」の297件の記事

2014年9月28日 (日)

第60回産経賞オールカマー 予想

久し振りの競馬予想記事です。

今年も色々ありました。
十数年続けていましたダービーの生観戦を入院で断念。
健康を意識させられる出来事がたくさんありました。

でも、競馬は四季続いて行きます。
そして、サラブレッド達は、脈々とその系統を繋いでゆく事に、
全てを賭けて、走り続けます。

さて、中山名物、オールカマー。

勝つのは、マイネルメダリストかサトノノブレスだろう。
だけど、私は、ナカヤマナイトの復活に賭けたい。
一時の絶不調を脱し、中山の中距離はホームコース。
大駆けに期待。

単・複 18ナカヤマナイト
3連複ボックス 8サトノノブレス、9クランモンタナ、15マイネルメダリスト、17アロマティコ、ナカヤマナイト(10点)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

ルドルフ

ジャパンカップウィークだ。

JRAのテレビCMはシンボリルドルフだ。
いまや昔、ずいぶん古びた映像に見えるのは
私が齢をとったせいか?
そういえば、当時東京競馬場の芝は、JCの季節には冬枯れして
薄茶色になっていたっけ・・・・・。
本当に今は昔だが、
当時は地方馬も参戦していたっけ・・・。
ルドルフが勝った年には地方から来たロッキータイガーが
2着いや3着だったかな?
せっかくルドルフが色んな事を思い出させてくれたので、
今年のJCは、地方出身馬を狙ってみよう。
ってそんなのいるのかな?
昔はハイセイコーやオグリキャップ、イナリワン、ちょっと時代が下ってトロットサンダーなどが中央でも大活躍しているが、最近は寂しい限り。
野武士タイプの馬の活躍があるともっと競馬も盛り上がるに違いない。
勇者よ来たれ!!中央のターフへ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

天皇賞 雑感

久しぶりに東京競馬場へ行ってきましたよ。

本当に「秋晴れ」っていうのは、こういう事なんだなって思うくらい澄んだ高い青空。
府中の杜も少し色づき始めておりました。

競馬場は、当然ですが、空が広い!!
府中の空は、この秋の開催の時が一番きれいです。

例によって昼過ぎにスタンドへ到着。
6Rから参戦しましたが、なんと珍しい事に、
7Rで20倍の単勝をガツンとヒット!!
ありがとう戸崎!!ありがとうシャドウウィザード!!
コジーンの肌にハーツクライなんて、泣かせる府中向きの血統。
あっという間に軍資金ができてしまいました。

その後は、なんか大振りになっちゃったのか、
久々で勝負勘が錆び付いているせいもあって、
読み切ったレースで馬券外したり、チグハグ。

そして天皇賞。
エイシンフラッシュは、結局直接対決では、ジェンティルドンナやオルフェーブルに先着してないじゃん。去年の天皇賞は空き巣狙いだし・・・。
芝2000メートルで3連勝中のトウケイヘイローにしても、天皇賞で逃げ切りはないだろ。サイレンススズカもダイワスカーレットさえも、勝ってないんだから、このコースでの逃げ切りは至難の業。
他のタイトルホルダー達は、ピークを過ぎた馬が多いかな。府中の2000がピタリというタイプもいなくて、これはジェンティルドンナの頭はテッパンだと思ってしまいましたよ。

ああ、そういえば福永は、エイシンから乗り替わりなのか・・・。前回負かしたお手馬に戻るのって、どんな気持ちなんだろ?ジャスタウェイの父はハーツクライ?確かに決め手は鋭いんだよね。でも、そこそこ早いペースのマイルから1800が壺じゃん、この馬。それで、去年の天皇賞も勝負になってなかったし。前走もエイシンには完敗だったし、頭はねえだろ。

ってな訳で、ジャスタウェイ様、福永様、申し訳御座いませんでした。それにしても福永祐一は、いまやお父上を超えたのでは???最終は思いっきり出遅れて、私の馬券を紙くずにしてくれましたが・・・。

ジェンティルドンナが負けるとしたらどんなパターンだろと思って考えたのは、正に豊が結構なペースで飛ばして、捕まえに行くタイミングが早くなった時に、最後、後ろから差される事があるかもとは思った。岩田はしかけが早いし・・・。
現実には、スタートが良すぎて、トウケイの結構なペースについて行がざるをえなかったのが、敗因か。負けてなお強しの印象。
JCがますます楽しみになりましたね。願わくば、今日のような良馬場で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

第73回菊花賞 予想 ミルドリームで夢見る??

さて、今年も菊花賞がやって参りました。
思えば昨年はオルフェーヴルの3冠にしびれました。あれから1年。オルフェーヴルは日本のチャンピオンとして、凱旋門賞で接戦を演じるまでに成長しました。
今年の優勝馬も彼に続いて欲しいものです。

さて、傾向としては、京都も外回りレース(芝1800、2400など)で実績がある馬は、適性が高いようです。
本命はゴールドシップでしょうがないと思います。負けたのは前が止まらない馬場で、最速の上がりを繰り出しながら届かなかったダービーくらい。神戸新聞杯もキッチリ勝って、ここは2冠達成の確立は高いと思います。
複穴として狙いたいのが、ミルドリーム。神戸新聞杯は案外でしたが、ラップが緩む菊花賞なら前進可能でしょう。

◎ゴールドシップ
○ミルドリーム
▲マウントシャスタ
×ユウキソルジャー
△フェデラルホール、ベールドインパクト、ロードアクレイム、エタンダール、ダノンジェラート

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年10月20日 (土)

これぞ競馬場グルメの決定版!! 鳥千のフライドチキン

Torisen

このブログでも何度も紹介しております、東京競馬場内(中山競馬場にもあるらしいが)のフライドチキンショップ「鳥千」(赤坂に本店があります。以前の紹介記事参照)のフライドチキンです。

フライドチキンとは言っているものの、○○タッキーなどのように味付けが濃いわけでなく、まあ、チキンカツと言われれば、そんな感じの自然な味。
で、写真のように私などはマスタードたっぷりで食べてしまうのです。
(お塩も用意されています)

でも、薄味ですし、かと言ってチキン特有の臭みもなく、大量の油で高温で揚げているので美味しいんですよ。ご想像の通りビールにもピッタリ!!

当然、競馬場でも人気があるお店のひとつで、
最終レースの後には、みんなお土産に買って帰ろうと、長蛇の列が出来る始末。

その気持ちはわかります。私も負けて帰る時に、(勝ったら「鮨でも食べにいこうか!!」ってなるんですけど)かみさんにお土産で買って帰った事がありましたが、喜んで食べてましたよ。

でも、本当は、ヤケドしそうなくらいアツアツの揚げたてを、はふはふ頬張るのが、一番!!時々本当にやけどするくらいのアツアツを渡される事もありますが、まあ、ビールで流し込んでしまえば、大丈夫。馬券でズタズタに負ける事を考えたら痛くも痒くもありませんわ。ワッハッハ。はぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

東京競馬場の空

Sora

土曜日競馬場へ行ってきました。
昼間は天気が素晴らしく、長袖では暑いくらい。

でもターフビジョンの上の空は、すっかり秋の空。
10月の東京開催らしい空の高さです。

Yuugure

こちらは、最終レース終了後(16:30過ぎ)の空。
雲が少なければ、富士山のシルエットが見えますが、この日はダメでした。

すっかり暮れてきた空。
これから天皇賞、ジャパンカップがやってきて、秋葉ますます深まってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

第17回秋華賞 予想 やっぱりジェンティルドンナでしょう

さて、GⅠなので、ちょっと丁寧に過去の傾向を調べてみましょう。

大体毎年1分58秒2とか4とかの決着。
ハロンの平均ラップは前半3ハロンが11.5、中盤4ハロンが12.2、ラストの3ハロンが11.7。前半が早めに入って、中が緩み、最後も上がりがかかるというイメージです。
まあ、コース形態は、平坦小回りのそれですからね。最後の直線も短く、仕掛けは早くなりがちです。

トライアルの上位馬が強いです。もう少し詳しくいううと、春の時点でトップクラスに居て、なおかつ秋の緒戦のトライアルでも3着以内という感じでしょうか?夏に条件戦を勝ってきていきなり本番好走という馬は今はほとんどいませんね。
ちょっと例外なのは、ブラックエンブレムの勝った年ですが、トライアルが道悪だった事も影響しているでしょうか?

血統としては、サンデー系が圧倒しています。好位につけて、勝負どころですぐに動ける器用さが必要なんでしょうかね。と言うか、今年も出走馬の大半がサンデー系ですからね・・・。

んで、予想は、と言うと本命はジェンティルドンナでしょうがないですか。相手もまたまたヴィルシーナが濃厚かなぁ。内枠は有利なのですが、オークスの差はまだまだ埋まらないでしょう。逆にアイムユアーズはいつもより前での競馬になりそうですかね。

◎ジェンティルドンナ
○ヴィルシーナ
▲アイムユアーズ
△ハワイアンウインド、ハナズゴール、ミッドサマーフェア

馬券のことは忘れて、牝馬3冠達成の瞬間に立ち会える喜びを噛みしめましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

いざ!!東京競馬場へ 第60回府中牝馬ステークス 予想 ◎はエーシンリターンズ

今日は天気もいいし、サッカーもフランスに勝ったし(ヒヤヒヤだったけど)で、寝不足ながら爽やかな朝です。

東京開催2週目なので、これから府中へ出陣です。

買い目は、現地に行ってからさらに検討しますが、とりあえず・・・。

メインの第60回府中牝馬ステークスは、ドナウブルーが、人気になりそうですが、
勝ち鞍が、新潟、京都に集中していて、いずれも直線が平坦なコース。
東京では、ヴィクトリアマイルの2着はありますが、最後の坂はポイントになりそうです。
付け入るスキはあると見ます。

重賞2勝がいずれも東京のマイル戦のホエールキャプチャ、先行脚質の上がり馬スマートシルエット、桜花賞馬マルセリーナなど多士済々なんですが、どれも食指が動きません。

で、一応の本命はエーシンリターンズ。得意のコースでドナウブルーとの差は、逆転可能と考えます。

◎エーシンリターンズ
○ドナウブルー
▲ホエールキャプチャ
△マルセリーナ、スマートシルエット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

第47回 京都大賞典 予想 ◎はマカニビスティーで

昨日は、オルフェーヴルの凱旋門賞を観て、ため息。
本当に良く頑張ったのに、最後は地元フランスの牝馬にやられるなんて・・・。
でも、これが競馬って事でしょうね。
チャンピオンになれるのはいつも一人だけ。たったひとつしか無い栄光のゴールを目指して走る姿に、私たちは感動を覚えるのです。

さて、京都大賞典。京都の芝2200以上での成績が良い馬を狙って見ましょう。
ローズキングダムは昨年のこのレースの勝馬ですが、それ以来6戦して一度も馬券になっていない所が気になります。安田記念のペースについていけないのは良いとして、春の天皇賞、有馬記念でも後方からの競馬で見せ場なく敗れています。2400がギリギリって事なんでしょうか?今回も後方からの競馬ならノーチャンスと思います。

ギュスターヴクライが一番人気ってのも、どうなんでしょうか?安心して買える感じは無いですが、押さえかな?人気のフミノイマージンも京都での2勝はいずれも内回りのコースで、最近は札幌、小倉、阪神での勝利で、あまりこのレース向きでは無い。

で、本命は、マカニビスティー。京都の外回りは間違いなくベスト条件。ドバイの疲れが取れていれば、大丈夫。相手もオウケンブルースリの京都得意の2頭で。

◎マカニビスティー
○オウケンブルースリ
▲ギュスターヴクライ
△フミノイマージン、ローズキングダム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

第63回毎日王冠 予想

さあ、東京へ競馬が帰ってきました。

だけど今日は仕事、簡単にアップします。

毎日王冠の傾向
ヘイルトゥリーズン系強し
ハイペースにはならず上がり勝負

という事でハイペースの東京マイルを勝ってきた3歳カレンブラックヒルはちょっと疑問。
東京1800、2000に良績のあるうまで勝負。

◎トーセンレーヴ○ダノンシャーク▲カレンブラックヒル
△フェデラリスト、タッチミーノット、リアルインパクト、ストロングリターン、エイシンフラッシュまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧